本文へスキップ

浮気、不倫コラム|カウンセラーKOUNO

夫の不倫問題の解決、夫婦回復へ

あなたを心理面、行動面でサポートします!

コンセプト浮気、不倫コラム

浮気、不倫問題専門カウンセラーが斬るコラムです


浮気夫の心理がわからない妻


夫はなぜ不倫したのか、
どうして夫は浮気を繰り返すのか。
夫と不倫相手はなぜいつまでたっても別れられないのか。

さらに不倫がばれた後の夫の頭の中って、どうなんだろうか。
夫の不倫は妻が真実を知って、さらに夫が事実を認めた後から、妻にとって本当の苦悩が始まるものです。

これまで皆さまは、「どうして?」「なぜ?」の答えを知りたいがため、夫の気持ちを知りたい一心で、検索かけてネットサーフィンをしたり、夫婦問題(離婚問題)カウンセラーに相談したりしました。

でも、いくらネットサーフィンしても書かれていることは都市伝説か?
言い回しこそ違っても、同じようなことが書かれている。
私にとってそれが本当に解決に繋がるのだろうか。
夫婦問題カウンセラーに相談しても、ほんとうに私の場合それでよいのだろうかと思えてしまった方も多いでしょう。

でももうネットサーフィンなんてしなくていいのです。
そして違和感を感じ始めたことを実践する必要もないのです。

ここで綴るコラムは、浮気、不倫問題に直面した妻(夫)が抱く疑問に素でお伝えします。

浮気、不倫問題を現実的に捉え、様々な夫婦、様々な年齢、様々な職、様々な生い立ち、様々な不倫が始まったきっかけ、様々な不倫相手、そしてどんな経緯を経て、どう妻は対処し、その結末はどうなったのか。
20年間、浮気、不倫問題専門に対峙してきたカウンセラーがリアルに斬っていきます。

もちろん不倫問題は一緒くたではありません。
個々のご相談者様のケースで違うカウンセリング、そして違う対処もしていきますが、
あなたの不倫問題を間違って解釈しているプロも多いのは事実です。

あなたの不倫問題のなぜ?どうして!?はこうです。
そしてあなたが一番苦しみ抜いている原因はこうなのではありませんか?




夫の不倫は妻が終わらせたことに意味がある


夫の不倫カウンセリング相談者


夫の不倫は妻が終わらせたことに意味がある


私は、「夫の不倫は妻が妻の手で終わらせたことにおおいに意味がある」ということを唱えてきました。そしてその持論は、これまで多くの不倫問題に対峙してきたなか、今もぶれていません。

それは妻が毅然とした行動をとる、例えば、不倫相手を排除するために妻が行動を起こして終わらせたことだけに意味があると言っているわけではありません。

まずは自身の夫に対する向き合い方が大切で、不倫の事実を把握したうえで、夫との話し合いを重ねることは重要なことです。
そしてその夫への向き合い方は、妻が不倫を終わらせたからこそ、不倫を終わらせた後も続けることが必要で重要な意味をもつのです。

本文へ



浮気、不倫がばれたのに終わらないのはなぜ?


夫の浮気相談者


なぜ浮気が妻にばれても終わらないのか


夫に浮気を問い詰めても、「浮気はしていない、そういう関係ではない」と言い張る夫。
こんなにバレバレな状態なのに、浮気を認めないし、真実を語ろうともせず、「していないものはしていない」と煙に巻く。

また、夫は浮気は認めたが、彼女とは別れた、終わったと取り繕っている。
一度ばれたら心を入れ替え、さすがに終わるはずだと妻は信じていたが、水面下なのは明らか。
妻に浮気、不倫がばれても夫はなぜ相手と別れないのでしょうか。

本文へ



夫はなぜ不倫したのか!?


夫と不倫相手


夫はなぜ不倫したのか!?


「夫はなぜ不倫したのか」
された妻としては当然知りたいことでしょう。
でもご相談者様が得たその「なぜ」「どうして」の答えは、本当にご相談者様の夫のケースなのでしょうか。
はなはだ疑問に感じてなりません。

カウンセラーはこう捉えております。
「夫が不倫したのは刺激が欲しかったから不倫した」が圧倒的なのです。
そしてもう一つ言えることがあります。
「夫婦関係がよくても、夫婦関係が普通でも浮気する夫はする」のです。

浮気した原因に、「妻はそこまで悪くはない!」というのが根本的な捉え方です。

一線を越えた時の夫の気持ち、不倫がばれるまでの多くの夫を見てきたカウンセラーはそう捉えております。

「なぜ不倫したのか」もですが、カウンセラーがご相談者様にとくお伝えしているのは「不倫がばれた(認めた)のに、さらに夫と不倫のことについてあれだけ言い合った、話し合ったのに、なぜ不倫し続けるのか、また再発するのか」
その妻の「なぜ?」「どうして!?」なのです。

不倫を怪しんだ、不倫に気がついた、不倫を確信した、そして不倫に気づかない妻を演じていたときよりも、妻にとっては本当の苦悩が始まるものであり、「なぜ」「どうして」という思いはより強いものです。

本文はこちら



不倫を終わらせたいけど夫の逆切れが怖い


逆切れする浮気夫


行動起こしたら夫の逆切れが怖い妻


「夫の地雷を踏んでしまわないか。」
妻が夫の不倫に対して行動を起こすことによって、夫が激怒し、予期せぬ行動をとらないだろうか。
不倫真っ只中なのはわかっている。
でも夫は帰って来る、離婚や別居とか言ってくるわけでもない。
今のこの状況、私が波風立てなければ、夫婦はこのままのような気もする。
できることなら、夫と不倫相手が自覚して別れてくれることを望んでいるのだが、、、

本文へ


不倫はなぜ叩かれるのか


夫と不倫相手


不倫はなぜ叩かれるのか


不倫パッシングが凄まじいこの社会なのですが、そこまで社会的排除の対象になるものか!?
不倫で心が満たされ一時的に救われているのであれば、その人にとって不倫がよくないことと言えるのだろうか。
そしてさらには、他人の不倫を叩く人たち、他人の恋愛を批判するのはいかがなものか!
そんな声まで入ってくるものです。

このように不倫に対していけないものとは言えないという考え方は、脳科学的、心理学的、動物学的、社会学的、さらに宗教学的見地から多く聞かれます。
もちろん専門家の意見も研究、検証を重ねたうえでの意見ですから、個人的に不倫というものをどう捉えているかはそれぞれ違うのでしょうが、「不倫は仕方がないこと」という結論でおおむね一致しているようです。

そのような意見を耳にすると世の不倫している夫や、不倫している女性たちは、「やっぱりそうだよね、不倫はやむを得ないことかもしれない」と認識するのでしょう。
結婚して一人の配偶者に縛られる人生は悲しい。
いつまでたっても恋愛をしたい感情は自然なことではないのか。
不倫ってそんなに叩かれるほど悪いことなのか!?と。

ではカウンセラーが言います。なぜ不倫が叩かれるのか。

本文へ


夫婦をどうするか夫に委ねても決断できない


離婚しない不倫やめない夫


浮気夫に決断できるのか


夫婦の間で不倫が発覚した。
夫は結局言い逃れできず、相手の存在を認めたのですが、まさかばれるとは思っていなかったこと、離婚して家庭を壊すことまで考えていなかったわけですから、「もう会わない」とか、「彼女と終わりにする」と妻を説得していったん幕を閉じようとするはずです。

何としても不倫相手を守る夫には納得がいきませんが、妻としては夫を信じるしかありません。
つまり不倫相手との関係を終わりにすることの決断を夫に委ねたわけです。

しかし夫に委ねても水面下が発覚。
やはり夫の決断は嘘だったわけです。

さて、水面下が発覚してからはいったいどうなるのでしょうか。
「そういう関係じゃない」と、うまく逃げようとする夫もいれば
水面下を認め、今度こそ彼女と終わりにすると言ってきた夫、
開き直ったかのように、「彼女も大切」「彼女とは別れられない」とまで言ってくる夫。

さらに、夫から離婚したいとははっきり言わず、妻に対して、「離婚したいのなら離婚でもいい」などと決断を促してくる夫すらいます。

そんな夫に妻はこれから夫婦をどうするのかと決断を求めることはありかなしか。

それで夫が責任をもって覚悟を決めるのでしょうか。

本文へ



性格の不一致で離婚を迫る不倫夫


離婚を迫る浮気夫


性格の不一致で離婚迫る夫


「夫から離婚を執拗に迫られています。私は離婚はしたくありません」
カウンセラーにはこのようなご相談は多いものです。

日本全国見渡せば、したたかで嘘つきで悪賢い夫の事例は尽きません。それに輪をかけて女も女です。
妻の自宅に押しかけたり、電話してきたりして、
「おたくの旦那さんは離婚したがっている。離婚してやんなさいよ!」だとか、
「旦那さんをください!」とまで言い放った不倫女すらいます。
とにかく夫、不倫相手二人そろって、二人の法事国家のごとく振舞ってる。
私の偏見かもしれませんが(でも事実だと確信はしているのですが)、高学歴の人たち、ハイレベルな職についている人たちほど、えげつない行動、言動をとると思えてなりません。

そんな不倫夫のなかには、冒頭にあげたご相談者の声のように、離婚を迫ってきています。
そしてその理由は性格の不一致だとか、セックスレスだとか、仮面夫婦だったからと、こんな状態で夫婦を続けることがお互いにとってよくないのだと。

でも妻は知っています、夫の不倫を。すでに発覚したうえ、過去に何度か突っついてきたし、言い合ってもきた。

夫はいったい何を考えているのか。
夫が離婚したい気持ちは本当なのだろうか。
私はいったいどう対処したらよいのだろうか。

本文へ



不倫する夫に女を切る力はない


夫の浮気で悩む妻


不倫する夫に女を切る力はない


「別れたはずの二人の関係がまだ続いています。」というカウンセリング相談は非常に多いものです。

なかには不倫相手の女に会った妻もいれば、不倫相手から謝罪まで受けた妻もいます。
不倫相手から謝罪までされたのですから、本気で反省しているだろうと常識のある妻は受け止めていた。
また不倫した夫の「彼女と話してちゃんと別れる」とか、「もう連絡もとらないし、会わない」という言葉も信じていた。

でもやはりあやしい。どうしても水面下を疑ってしまう妻。
だから疑心暗鬼な妻は、夫の不倫に触れてしまう。

「そんなに俺のことが信じられないのか!」と切れる夫。なかには、「そんなに信じられないなら、離婚でもいい」とまで強気に言ってきます。

離婚はしない、夫婦を続ける思いの妻にとっては、なんとも強烈な言葉です。
その後、夫の不倫について問い詰めることが怖くなり、そのまま放置し波風立てない妻になるものです。

しかし夫の不倫を一度見抜いた妻はまた見抜くものですし、一度不倫がばれた夫はまたばれるものです。
夫と彼女との水面下は間違いないでしょう。

あれだけ約束したのに。
あの時の言葉はすべて嘘だった。

いったいどうしてこうなるのか。

夫はなぜ不倫相手と別れられない、切れないのだろうか。

本文へ


夫が不倫したのは妻のせいではない


夫の浮気で悩む妻


夫が不倫したのは妻のせいではない!


不倫が発覚したとき、夫を問い詰める妻に対して、
「妻のせいじゃない」、「お前は悪くない」と言う夫。
「悪いのは俺の方だ」とまで言う夫もいます。
納得がいかない妻はさらに問い詰めても、妻は悪くないと繰り返します。

妻にも悪いところがあったから不倫した。
奥さんがそんなんだったから不倫した。
夫婦があまりうまくいっていなくて夫が浮気に走ったのであればまだしも、
「おまえ(妻)のせいじゃない」とか
「おまえ(妻)は悪くない」なんて理解できない。
なぜ!?どうして?
それじゃあ理由にならないし、本当のこと、根本的な原因が知りたい妻。
夫がなぜ不倫したのかという根本的な原因を知れば、解決できるのではという妻なりの期待もあったわけです。

でも妻のことが原因ではないと言う。
理由は夫のほうにあると言う。

妻は悪くないと言う夫の不倫は、これから先、妻にさらなる苦悩を強いることになるものです。

本文へ



離婚はしたくない、不倫恋愛を認めろ


夫婦カウンセリング相談者


離婚はしたくない不倫恋愛を認めろが夫の本音


結婚してから浮気したことはなかった夫。
家族のため、夫婦のため、真面目に生きてきた夫。
50〜60代のご相談者の中には、結婚30〜40年という方も少なくありません。

そんな夫が浮気した。
穏やかで真面目で、浮気なんてするとは思ってもいなかった夫が浮気した。
信じていた夫だから、妻にとっては「まさか主人が、、、」という思いです。
それだけでも妻にとっては天と地がひっくり返るほどのショックです。

しかし妻の苦悩はそれだけでは終わりません。
不倫がばれてからの夫の言動、態度、行動によりさらに追い込まれることになる。
どうして足を踏み外してしまったのか。
この変わり果てた姿は私の知っている夫なのか。

本文へ



一度浮気、不倫した夫はまたするのか


夫婦カウンセリング相談者


一度浮気、不倫した夫はまたするのか

浮気が発覚した夫に対して、これからどう対処していけばよいのか考えあぐんでいるなか、この先、夫の不倫に終止符が打たれても、また不倫するものなのかと心配は尽きません。

夫との離婚を決心されている妻ならいざ知らず、離婚するかしないか迷われている妻、離婚はしたくなくて夫婦の絆を守っていきたい妻だから、この不安は大きいものです。

浮気、不倫した夫はまたするものなのか。
それはいったいどうしてなのか。
ではどのように対処して考えたらよいのでしょうか。

本文へ



夫は不倫相手と本当に別れたのか


水面下の不倫を疑う相談者


夫は不倫相手と本当に別れたのか

不倫の証拠を掴み、不倫に終止符を打たせようと夫にも不倫相手にも行動をおこした妻。
その時、妻は不倫の慰謝料を請求せず(慰謝料を留保し)、誓約書面を交わさせ、連絡もとらない、接触もしないことを約束させました。
夫の行動はそれ以降しばらくあやしくなかったので、夫も不倫相手も懲りたのだろうと踏んでいた妻でした。

しかし妻はそれから数か月も経たないうちに疑惑を抱き始めたのです。

二人はまた会っているのではないかと、、、。
夫は彼女と本当に別れているのだろうか。

そんな不安、心配を抱いている奥様方は少なくはないものです。

夫からすれば過去の(終わったことになっている)不倫。

夫に問い詰めたところでも、「もう終わったこと」、「過去のことだ」、「また蒸し返してきて、しつこい!」と逆切れする夫も多い。

でも妻があやしいと感じているのは理由があってでのこと、不倫問題で負った傷はそうすぐに癒されるわけがないのですから。

とある相談者様も水面下の疑惑を抱えていた一人でした。
浮気相手にも夫にも浮気を認めさせ、「もう二度と会わない、連絡も絶つこと」と誓約させたのですが、、、。

本文へ


セックスレスが浮気に走った原因なのか


水面下の不倫を疑う相談者


セックスレスが浮気に走った原因なのか

セックスレスと浮気、不倫問題には様々な意見が聞かれますが、ではどういう状態であればセックスレスの定義なのでしょうか。
夫婦ともに月に一度でもレスだと感じていなければ、そのご夫婦にとってはセックスレスではない。
逆に毎日のように求める夫に応えてきた妻でしたが、「いい加減にして」と、たまに拒むようになったら、夫にとっては段々と満たされない、レスだ!という気持ちになるはずです。
つまり夫と妻個々の性に対する欲求に溝が出てきたときが危ういというのがカウンセラーの見解です。
セックスレスか否かは頻度とか数字で言うものではなく、そのご夫婦にとって性に対する温度差の有無を感じているかで判断するべき問題だと思えます。
それに加えて、セックスレスであっても浮気する人はするし、しない人はしない。それもかなり影響しているのではないでしょうか。

ではセックスレスが長引くと浮気に走ってしまうリスクは高いのでしょうか。
セックスレス、夫婦の性の不一致と浮気の関連性を解説します。

本文へ


不倫相手は夫にとって失いたくないだけ


夫と不倫相手


夫にとって不倫相手は失いたくないだけの女

夫にとって不倫相手はかけがえのない女性ではない、失いたくはない女性です。
その差は、雲泥の違い。
不安がらないでください、怖がらないでください。
きっと夫と不倫相手の関係に終わりはくるはずです、、、。



本文はこちら



夫と修復したい、戻ってきて欲しい気持ちが冷めた!


夫婦カウンセリングの浮気夫


夫と修復したい戻って欲しい気持ちが一気に冷めた

妻が対峙している夫の不倫問題がどのようなものなのか。
これまで抱いてきた不安と恐怖を払拭することによって、妻がそこまで不安に感じていたこと、怖がっていたことは、過剰な捉え方だったと受け止めていただくことが必要です。

夫の言動、態度に一喜一憂し過ぎたり、そこまで夫の言動を真に受ける必要はないのです。

これまでそういう意識ではなかったから、夫の嘘を疑心暗鬼ながらも信じてしまったり、結局、夫のいいように黙らされてしまったり、妻のせいにされてきたわけです。
それでは夫の思う壺なのです。

しかしカウンセリングで「そういうことではなかったんだ」と理解した。

妻の意識が変わってくると、これまでの妻(何をどう言っても夫にはね返されていた妻)とは違います。

不倫のことに触れることが怖くて、何も言えなかった妻。
不倫のことに触れたときの夫の逆切れや暴言が嫌で、恐ろしくて、黙らされている状態だった妻。

けれども今度は違った。

妻の言動、行動に、始めはやはり逆切れしたり、もうおまえ(妻)とは無理、やっていけないと恫喝の嵐。離婚でもいいと言ってきた夫もいる。

でも妻は動じなかった。
もう夫の恫喝にひるまないと決めたから。
すると夫は、、、、

本文へ



不倫の代償|幸せはいつか崩壊する


夫の不倫相手


不倫の代償|その幸せはいつか崩壊する

不倫でいったい何を得たのだろうか。
失うものばかりで何も残りはしない。
夫の不倫相手が受けた代償。
この先、ずっと先に降りかかってきた不倫の代償まで様々な行く末を見てきたカウンセラーが斬ります。

本文へ




妻を助けるのは不倫した夫、あなたですよ


夫婦カウンセリングの妻


妻を助けるのは不倫した夫、あなたですよ

助けて欲しい

これが妻の叫びです。
一生懸命に這い上がっていこうと頑張っている。
でも自分一人では何度も何度も落っこちていく。
どん底へ落としたのは不倫した夫なのですが、妻は夫に手を差し伸べて欲しい。

でも、、、

本文へ

ナビゲーション

counselor infoカウンセラー情報

浮気、不倫問題カウンセラーKOUNO

〒289-1104
千葉県八街市文違297-162
TEL.043-443-3398
直通.090-2525-7449