本文へスキップ

不倫問題を解決したい|放置様子見しても、自分が変わっても終わらない

夫の不倫問題の解決、夫婦回復へ

あなたを心理面、行動面でサポートします!

コンセプト不倫問題を解決したい!

やれることはやったつもりだが不倫が終わらない

夫の浮気相談者

浮気、不倫問題の解決って何でしょうか。

それは夫(妻)の浮気、不倫が終わり、相談者様が描いているあの頃の夫婦に戻れる(たとえ難しくても近いところまでに戻りたい)こと、運命を供にすると誓い合った人生のパートナーとして責任をもって、これからも一緒に歩んでいける夫婦になれることだと相談者様は思っているはずです。

それにはどうしても今実際に起きている浮気、不倫は不要なわけです。
夫婦の間にそんな浮気、不倫が介在している状態である限り、健全な夫婦、いい夫婦なんて到底言えません。
どんなに夫婦関係がよくても、裏で浮気、不倫がある状態でいいはすがありません。
浮気、不倫のない状態が必要不可欠だということです。

ただ、いっぽうこんな意見もあります。
不倫問題を解決したいから、「とにかく不倫を終わらせたい!」「まずは不倫を終わらせなきゃ、夫婦関係の修復も再構築もない!」という相談者様に対して、
不倫を終わらせることばかりに拘っていたら、大切なことを見落とします。
強制的に無理やり終わらせると水面下に入るリスクが高いし、その後の夫婦関係に支障をきたします。
その後の夫婦関係を見据えて、今起きている浮気、不倫問題に向き合っていきましょう。
つまり不倫問題と夫婦問題は繋がっているし、一緒でもある。

私自身も真正面から異は唱えません。
ただ不倫の終わらせ方が問題だった。不倫を強制的に終わらせたことが問題だった。
だから水面下に入った。だからした夫(妻)はいっこうに夫婦、家族に向き合おうとせず、夫婦関係は悪化したままとは言い切れないのです。

むしろ声高に強調したいことは(夫の浮気、不倫問題を例として解説しますが)、
そこまで妻が不倫に対して行動をおこしたから、やっと終わらせることができたとも言える。
これまでと同じような意識だったら、今もなお続いていたはず。
だから自分(妻)が対処してきた行動は間違っていない、自信を失わないで欲しいと思うのです。

それに、その後の夫婦関係の修復の成否は、妻の忍耐、努力にも左右されます。
もっと言うならば、妻がどこまで折れることができるのかに影響してくるものです。
だから浮気、不倫の終わらせ方よりも、その後の妻の言動、行動、気持ちの持って行き方が違ったといえる方もいて、夫婦関係はいっこうによくならない。
で、いつの間にか水面下に入っていたということも往々にしてあります。
不倫した夫から向き合ってくるものだという意識が妻の中に大きくあるからです。

また、だから水面下に入るのですと言われたとしましょう。
不倫が水面下に入るのは、夫がやめる必要がない(妻にはどうすることもできない、非はない、夫自身の性癖の問題も多い)と思っている、もしくはやめられない(理由はカウンセリング時、個々に説明しています)からという方が現実的です。
それと、不倫を終わらせる段階というよりも、私は浮気、不倫が起きる前までの夫婦関係に(これまで気づかなかった)問題があったと思えてなりません。

要するに、不倫問題解決とは、不倫のない状態(終わらせている状況)でなければならないのは当然であり、終わっている状態でなければ修復論はただの幻想に過ぎないのです。
されている方としては「不倫を終わらせること」「不倫相手と完全に切れること」に拘ることは当然であり、間違っていないのです。

私が夫婦問題に繋げる場合、不倫が始まる前の夫婦問題(関係)に繋げます。
それを十分検証したうえ、相談者様の夫の不倫の終わらせ方が得策かどうか考えるわけです。
不倫を終わらせた後の夫婦のことを考えるということも当然理解しますし、もちろん何も考えていないわけではないのですが、あまりにも先々の夫婦関係のことを考え過ぎ、ビビり過ぎてしまっていては、本来終わらせられるはずの不倫が終わらなくなってしまうかもしれません。

もっと言えば、お門違いな方向にさ迷い続けることになりかねません。

「私が今までやってきたことは無駄だったとわかりました。このままでは何も変わらないとやっと気づきました。」
悲嘆にくれて相談されてくる方は後が絶ちません。


波風立てずに不倫を放置することの弊害

不倫夫と妻と子供

夫が不倫したのは私(妻)のせいでもある。自分自身、変わる努力をしよう。
自分が変われば夫の不倫も終わるはず。そう信じてきた妻もいるでしょう。

夫が不倫していることは間違ない。でも、真実を知ることは怖い。
このまま何も知らないふりをしていこう。
不倫なんていずれ終わると聞かされ、波風立てずに放置し続ける妻もいます。
もちろんそれで不倫が終わり解決した方もいるでしょう。

しかし、「結局、何も変わりませんでした。」という声もよく聞かれます。
なぜでしょうか。
波風を立てずに放置という状態は、浮気、不倫をする、やめることに関しては夫が主導権を握っているからです。
不倫をやめるつもりがない夫であれば、居心地がいいと感じる妻の接し方や家庭環境を良くすることによって、夫に罪悪感を感じさせたり、妻のありがたみ、必要性をわからせようとしても、それが女と切れることに影響を及ぼすかというと、そうじゃないからです。

夫は何を求めているかというと、自分が男でいられることです。
自分が男として必要とされていることです。
不倫によって、不倫相手によって、それを十分享受できているのが今の状態なのです。
妻のそのような接し方は、私はあえて奨励することはあります。
しかしそれはあくまでも策としてです。
それだけでは、ただの家族、お母さん、失礼ですが、家政婦も同然です。

いちいちうるさいことを言わずに、詮索もせずに、放っておいて欲しい。自由にさせてくれ。
であれば、これ以上悪化することもないし、責任は果たすし、離婚だってしない!
ほんとどこまで上から目線でしょうか。
これに輪をかけて妻が「放置、様子見」をしていたら、まさに夫婦の利害が一致した状態です。

このような状況に陥っている相談者様の多くには、不倫問題の解決って、まずは不倫に終止符を打たせることですよを言っております。
その後の夫婦関係もですが、それ以前の夫婦関係に対しても、この問題が起きたからこそ向き合って、いっぱい考えてきた妻は多いからです。


夫の不倫カウンセリング相談者

真実をある程度わかっていながらも、放置様子見の危険性を言いましたが、浮気、不倫の真実からも目をそむけようとすることは、問題外だと思えてなりません。
知らぬが仏とは言いますが、すでに浮気、不倫していることは事実だと確信しているのですから、知らぬが仏とは言えません。
言わせる人に言わせたら、「逃げている」「触れたら自分にとって不利益なこと、よくないことが起きると感じているから、いっそこっそ蓋をしちゃえってことだよね」と言うかもしれません。
だから不安になって、これまでの自分を振り返り反省したりする。
そして一生懸命自分が変わろうと努力をする妻もいるわけです。

でも、不倫の事で夫ときちんと話をしたこともない。問い詰めたこともない方もいます。
その夫の浮気、不倫が妻には関係のない、夫自身の問題でやっていたとしたらどうでしょう。
これもただただやりたい放題させていただけです。
どうせ妻にばれないと高をくくっている状態は続きます。
もちろん夫と不倫相手の事情で破局が訪れることはあります。
でも、そうではなく、二人の関係性が深く進行していくリスクだってあります。

真実を知らないということは、この不倫問題をどう捉えたらよいのかのさじ加減もわからない、深く考えたい部分に迫ることができないのです。

真実というと、探偵、興信所の調査結果を想像しがちですが、それだけではなく、妻が把握した様々な二人の情報や、やりとりの事実でも十分推測できます。
かつ、その不倫が妻にばれてから、さらに話をし始めてから、夫の妻や家族に対しての思い、心などが明らかになってくるものです。

そのうえで、毅然とした行動をとって不倫を終わらせることがありであれば、ひるまず、恐れずに、向かっていきましょうと言っているのです。

不倫している状態は、とにかく何も聞こえなくなっている、周りが見えなくなっている状態です。
それと、妻だから何とかなる。妻だから許されるという思い。
これは多くの浮気、不倫夫に言えることです。

聞こえない、見えないんだったら、聞かせてあげよう、見せてあげよう。
妻だからってふざけないで、何ともならないものはならない!
そんな意識は必要です。



不倫は何としても終わらせる!でよいではないですか

夫の不倫カウンセリング相談者

不倫問題の解決って、不倫を終わらせること、終わっていることが先決です!第1ですと、強く意識していい方ってけっこういます。

そのような相談者様であれば、私(妻)の力で終わらせなきゃ終わらない。夫自身ではもう無理。
妻が終了させて、夫婦の間に不倫がない状態になって、夫に向き合います。
それでおおいにけっこうなのです。

夫が自覚して(不倫相手が自覚して)終わってくれたら本当は良かったのにをもう期待しないでください。
カウンセラーの中にも、それを期待する。それが夫にとってこの問題から逃げずに向き合わせることになるという議論。
私から言わせれば、夫はずっと逃げたまま。ずっと向き合わないって。
だって、これまで妻はけっこう努力してきたじゃないですか。
期待値を下げてください、修正してください。

ある程度強引に逃げさせない、向き合わせることが必要です。
不倫を終わらせることに対して、その先の先のことまでネガティブに深読みし過ぎないでよいのです。

不倫問題の解決とは、もちろん夫婦関係の修復まで視野に入れた夫婦問題の解決です。
でも、不倫はきちんと終わっている状態でなければなりません。
もしくは、終わりが近い、終わりを確信できている状態の必要があります。

不倫問題の解決って、不倫を終わらせること、終わっていることが先決です!
と、強く意識していい方ってけっこういます。
終わらせましょう。

不倫問題の解決に向けての対処サポートも積極的に実地しております。


カウンセラーコラム|記事一覧へ


counselor infoカウンセラー情報

浮気、不倫問題カウンセラーKOUNO

〒289-1104
千葉県八街市文違297-162
カウンセラー
直通.090-2525-7449