本文へスキップ

夫の不倫相手に妻が電話して関係が終わるのか

夫の不倫問題の解決、夫婦回復へ

あなたを心理面、行動面でサポートします!

コンセプト不倫相手に電話した結果とは

夫の不倫相手に電話したら関係が切れるのか



夫の不倫が発覚して不倫相手に電話した。もしくは夫に電話させた妻。
その効果ってどうなのか。
妻が電話した(夫にさせた)ことによって、不倫相手も自覚して関係を絶ってくれればよいのですが、なかなかそうはいきません。
となると、妻が不倫相手にメールやラインを送ることが不倫関係の解消に繋がるかは、もっと期待できないことです。

彼の奥さんに不倫がばれて揉めて、奥様はかなりお怒りで、自分(不倫相手)に何を言っているのかはもちろんわかります。

自分のしたことは不倫で違法行為であること。
彼(奥様の夫)との連絡、接触をいっさい絶つこと。
奥様は不倫の慰謝料を請求する(別れると誓約しなければ請求する)つもりがあること。

でも、不倫相手にとって妻の言葉でぐさっと刺さったことって、
払う必要がないのに(妻に言われたから)、
慰藉料というお金を請求するよという言葉だけです。

それはなぜか。
自分がやっていることは確かに不倫と言われれば不倫です。
不倫が奥様にばれれば騒がれて、もう連絡しないで、会わないで!と言われるのは当然かもしれない。
しかしそれは不倫相手にとっては、もう(勝手に)消化している問題だったということです。

彼は奥様との関係はもう終わっていると言っていた。
夫婦は破綻していたと聞いていた。
彼はそんな奥様と一緒にいられない、離婚するつもりだと言っていた。

そこまでの夫婦関係だったことを知っていた。
事実がどうであれ、不倫相手は夫からそう聞かされていたわけです。

だとすると、そこまで破綻している夫婦なのに、
ましてご主人は離婚したがっているほど壊滅状態なくせに、
なぜ、私が!?
えっ、私がですかっ!?
と、思っているに決まっています。

不倫相手がこんな思考になるのは、彼女自身にも大きな問題はありますが、
夫がさんざん言ってきたわけですから、夫には大きな責任があるわけです。

急に連絡もとるな、二度と会わないでと言われても、不倫相手はのみ込めません。

ただ、いきなり妻から連絡されたこともあり、「わかりました」、「はい」と答えるしかないわけです。
でも、落ち着き払ったしたたかな不倫相手ですと、「おたくの旦那さんと言っていることが違います。彼と話をします(させてください)。」や、「私にだけ言われても、、、。ご主人と話をしないと決められません」などと、言い返してくるのがおちです。

このような状態なのですから、妻が不倫相手に電話しても、夫にさせても、メールやラインで通達しても、不倫関係を終わらせるには至らないものです。



身の保身はしつつ、別れる必要はないと思っている不倫相手



むしろ不倫相手にとって不安になることは、
自分は慰藉料というお金を払うことになるのだろうか。
自分は訴えられるような面倒なことに巻き込まれるのだろうか。
怒りまくった奥様が自分の会社、親や(既婚であれば)夫に言いふらしたりしないだろうか。

不倫相手の中には、彼(相談者様の夫)に
「夫婦の問題と、私たちの関係は別だし、関係ないよね。」
と釘をさし、身を保身している不倫女性たちもいます。

かと思えば、「私は奥さんに慰藉料を払ってもいい」とまで覚悟を決めているかのようにとち狂っている不倫女性もいますが、いずれにしても世の不倫夫たちは、「妻に勝手なことはさせない」とか、「俺が払う」などと、不倫相手を守るわけです。

そこからさらに夫婦関係は悪くなっていくことは目に見えています。

ならば、「電話とかメールじゃなく、会えばいいってこと!?」と聞こえてきましたが、
私は、「不倫相手と話すのであれば、直接会うことです!」という意見です。
しかし、それには条件があります。
要するに、不倫相手に会うためにしっかりと準備をしましたかっていうことです。

不倫相手に会うのにも、その場任せ、感情が先走ったうえでの行動では結果は見えています。

ただ、電話の場合は、その場の感情に任せて突発的にとった行動の妻が多いはず。
相手から「はい」、「わかりました」とか、「すみませんでした」だけの返答が多いゆえんです。

どこまではっきりしたことがわかっているかも重要で、それを前提としたうえで、
妻の言い方、話の持っていき方も慎重に考える必要はあります。
さらに夫との話を重ねることも必要です。
一部の例外なケースを除き、夫との十分な話をしたうえで、不倫相手に接触するという行動があります。
タイミングとやり方を間違えると、夫と不倫相手次第ではより結束します。

夫がこれ以上不倫相手を守ることが苦しい、しんどくなるまで粘る忍耐強さも必要です。

とにかくです。不倫相手への電話が、一定の圧力になった場合はありますが、
妻が不倫相手に電話で釘をさして、不倫関係が終わったケースは記憶の限り、ありません。
少なくともカウンセラーに相談されてくるレベルの二人ですと、まず期待できません。
「もう私(妻)にばれましたからね!」って知らしめているだけです。

夫と不倫相手は、「さて困った、ここから先、どう上手くやっていこうか」の第二ステージに入っていくだけです。

コラム一覧へ


counselor infoカウンセラー情報

浮気、不倫問題カウンセラーKOUNO

〒289-1104
千葉県八街市文違297-162
カウンセラー
直通.090-2525-7449