本文へスキップ

夫の浮気、不倫を終わらせたいけど逆切れが怖い妻

夫の不倫問題の解決、夫婦回復へ

あなたを心理面、行動面でサポートします!

コンセプト浮気夫の逆切れが怖い

妻が恐れる浮気夫の逆切れ


浮気問題カウンセリング相談室

夫の不倫は夫婦間では明らかになっているなか、不倫相手と別れる様子もないし、だからと言って妻に離婚を言ってくるわけでもない夫に妻は夫の気持ちがわかりません。

妻が波風立てなければ、夫は帰ってくるし、婚姻費用も入れてくれているし、夫婦は維持できる感じはします。

この状況のなか、妻が夫の不倫にNO!を突きつけた毅然たる行動、考えられることとして、例えば妻が夫の不倫相手に対して行動をとることの是非はどうなのか。

それは「私(妻)自ら、夫の地雷を踏むことになる。」と言えないだろうか。

もし地雷を踏んでしまったら、夫婦関係が予期せぬ事態、望まない方向へ向かってしまう。
妻の中ではその不安、恐怖がどうしても拭えません。

もちろん妻にとって、夫が不倫している今の状態をこの先も黙認したいわけではありません。

すでに不倫がばれているのに、どうして続けているのか理解できませんし、いったいどうすればよいか苦悩は尽きません。
夫の不倫を終わらせたい気持ちなのは当然です。

ですから妻がこれまでも夫の不倫のことに対して問い詰めたり、突っついたりしたこともあるわけです。
しかしその時の夫の切れ方が尋常ではない、二度と見たくないくらい怖かった。
それが妻の心の中にはトラウマとなってくすぶっている。

ですから「もし私が不倫相手に対して行動を起こしたら、夫は私を相当攻撃してくるだろう。
夫は離婚を迫ってきて夫婦は本当に終わってしまうかもしれない」と妻は感じます。

だから今のこの夫婦の状態を維持し、いずれ二人が別れることを期待した方が良いのだろうか。
波風立てなければ、夫婦の危機がすぐに訪れることはないと感じもする。
周りの人たちの中には、「離婚を言ってくるわけでないし、お金もきちんと入れているし、ただの遊びよ。そのうち別れるに決まっている」と言う意見もあります。
実際、ご相談者様の中で、この状況の妻は少なくありません。

「しばらく待つのも対処のうち」ということで、何もしないこと。
その間、妻の心を癒すことに専念されてきた方(カウンセリングを受けてきた方)もいます。

「見ざる聞かざる言わざる」の三猿を実践して、夫と彼女との不倫を終わらせることなど期待できるのでしょうか。


今のままでは不倫は終わらない


不倫問題カウンセリング相談室

夫と不倫相手がどんなつもりで不倫をしているのか。
妻にとってはそんなことはわかりませんし、知ったところで理解もできません。
でもカウンセラーが二人の頭の中をこう説明したら理解できるはずです。

不倫関係の多くは、この先のゴールを真剣に考えているわけではありません。
結婚前に恋愛している二人であれば、(のらりくらりしている彼(彼女)もいますが)、この先結婚するとか、子どもを授かってとか、こんな夫婦になりたい、家庭にしたいということを真剣に考え交際している場合が多いはずです。
交際している相手の人生や運命までも責任もたなければならない重圧すらあります。
しかし、不倫はそうではありません。
そんな堅苦しいことまで真剣に考える必要はない。
そこまで責任を持たなくていい相手だからです。
相手の人生だとか運命まで責任を負うような重圧から逃れられる関係なのです。

何を求めているかといえば、夫としては妻では癒されない満たされない部分を不倫相手に、不倫関係というものに求めているに過ぎない。
それは既婚の不倫妻も同じ心理であるケースは多いでしょう。

本気で不倫相手と結婚したいと考えて不倫している夫も少ないはずです。
ただ夫婦関係がさらに悪化し、二人の関係次第で、この先のゴールを真剣に考える夫もいますから、注意は必要です。

しかし、不倫という行為は配偶者以外の相手に刺激を求めていくあまり、どっぷりと二人の世界に浸ってしまうと、なかなか抜け出せないのが事実です。
体で求め、気持ちでも求め、そして体で、、、
おかしくなっている、とち狂っているとよく言われる所以です。
ですから妻にばれた程度では終わりにはできないのです。
気持ちもですが、体が離れられない。そんな感じです。

家に帰れば夫面。父親面。そして世間体も気にしている夫も多いものですから、離婚したくて不倫したわけではないことは確かです。

ただ、俺はこの先、自由に生きたい。
つまり妻がいて家族がいて、これはそのままの状態で、自分自身、自由にしたい。
今の状態のまま、自由に生きたい、楽しみたいなのです。
どんなに夫が偉そうな発言をしても、夫の心理はそのようなものです。

そしていっぽう、夫の不倫相手はどうなのか。
幾多の事例に遭遇してきまして痛感することはあります。
この先のゴールとか、結婚とかいう縛りなどにこだわってない、夫よりむしろ冷静で割り切って関係を続けている不倫相手も意外といることです。

彼(夫)が自分だけを向いていて欲しい、自分が一番であって欲しい、彼の奥さんに負けたくないという感情などはありますが、最終的にゴールがないこの関係に心地よさを感じている。
「私の夫の不倫相手の場合もそう感じます」と言われる妻もいます。

しかし、不倫問題は一緒くたではありませんから、ぜんぜん違う場合もありますし、「夫より女のほうががんがんに押している」もありますので個々のケースを正しく捉える必要はあります。

不倫相手からすれば、彼は既婚者だと当然わかっています。
土日は会えないこと、平日も外泊しにくいこともわかっている。
またバツイチもいれば、30〜40代の独身不倫女もいます。
ある意味尊敬している(とくに職場不倫などは)彼(浮気夫)との疑似恋愛に浸っている女性もいます。
別に将来のゴールなんて考えていないし、考える必要もない。
彼女らにとって、不倫という疑似恋愛がある意味、適度な距離感もあり重たくないことに心地よさを感じている。

いっぱい楽しいことをして、幸せな気持ちでいられること。
美味しいものを食べさせてくれ、いろいろな場所へ連れていってくれて、一緒に居て楽しい。
不倫相手にとって縁があって知り合った男性。
既婚であっても、妻が思っているほど、不倫相手の女性たちに罪悪感というものはないでしょう。

ですから今、別れる理由なんてありません。それはこの先もです。
でもそれ以上の願望もない。というか、そんな先のことはわからないというのが正しいでしょう。

そんな二人であれば、どうでしょうか。
妻にばれなければ、関係はずっと続くものです。
また妻にばれても、そのままであれば、それもまた続くもの。
もちろん、ばれているわけですから、夫の妻に対するけん制は強いはずです。
だから、不倫のことに対して触れるなと言わんばかり、自分の周囲に地雷を埋め込んでいる状態なのです。

こんなつもりで不倫している二人です。
それを妻が待っていて、果たして終わるのでしょうか、、、。
二人の世界に浸りきってさらに続くことは過去の事例を振り返っても明白です。


不倫を終わらせられるのは妻なのか


夫の不倫の対面カウンセリング

さて、このような二人の関係に対して、いずれ夫が女を切るだろうとか、彼女のほうが夫から離れていくかもしれないとか期待してよいものでしょうか。

不倫のこと、不倫相手のことを夫に突っついた際、夫としては不倫相手との関係をぎくしゃくさせる妻の行動は何としても回避したいわけです。
「もし彼女に何かしようものなら、俺は彼女を命がけで守る!」とまで言う夫はけっこういます。
そこまで言われれば妻としては、行動を起こすことにちゅうちょしてしまうのは当然です。
「私自ら、夫の地雷を踏むことになる」と考えるのも無理はありません。
だから、夫か不倫相手が関係を終わらせてくれることを願いたいわけです。

しかし、過去数多くの事例に対峙してきたカウンセラーから言わせれば、二人の関係が自然消滅することなどあまり期待しない方が賢明です。

確かに不倫して2年、さらに4年程度経過して終わってしまう場合もあります。
しょせん体の関係で盛り上がっている状態の不倫も、ずっと熱い状態が続くわけではないからです。年月の経過とともに、冷めていくわけです。
またなかにはw不倫でお互い家庭を壊すつもりはなく、疑似恋愛をするのに暴走せず安全な相手だという認識のうえ関係を続けてきた二人。
しかし2年、3年経過するなか、「そろそろ潮時か」という感情、「もうこのままではいけない」という思いが芽生え、終わった事例などはあります。

皆さまの場合もそう願いたいですか?

ただご相談者様の夫のこれまでの不倫の事情をお聞きしますと、あれだけ花を咲かせた中で浸ってきた状態で、二人の事情で不倫が終わるのか、、、私は懐疑的です。
そこをポジティブに捉え過ぎると、水面下に気づけなくなります。

不倫が発覚した後、「しばらく考えさせてくれ」も、「もうおまえ(妻)とは無理だから」と言い続けている夫であれば、離婚できないとわかってても、不倫はやめないはずです。
つまり夫のほうは罪悪感なんて毛頭なく、妻をどれだけ傷つけているのかの意識すらありません。
それより、夫婦はもうだめで破綻している状態だという頭なのですから当然です。

それを夫の口だけから耳にしている不倫相手です。
彼(浮気夫のこと)の妻に対して罪悪感などあるはずがありません。
むしろ彼は私と付き合っていることで身と心が満たされている、救われているとまで思ってもいます。

しかし二人がどう思っていようが、不倫関係は不倫関係です。
相手に対して責任を負わず、ただ楽しい事、癒し癒されることだけを共有しあっていればいいだけの関係です。
この先どうしたのか?と問い詰めても、「よくわからない」、「このままでいいじゃん」が本音のはずです。
二人の世界で、どんなに上手い言葉でささやき合っていても、二人の間でも建て前と本音が交差して、嘘も虚言もあるものです。

そんな結果とかゴールのない無責任な関係に浸り、身勝手な行動をとっているくせして、そもそも妻に非があると追い込んでくる夫にはいつか異を唱えないと終わりません。

つまり「その不倫を終わらせるのは最後は妻」であると思えてなりません。

当然、妻が夫の不倫に立ち向かう行動をとれば、夫の逆切れはあります。
今までにないくらい切れる夫もいます。
でもその理由は今回お伝えした通りです。

夫婦の絆を守るということは、不倫している状態だけど、夫婦も続いているという状態ということではありません。
不倫がない状態なのは当然です。

妻が不倫のことに触れた際、また不倫相手に行動を起こした際の逆切れに不安、恐怖を感じないで!と言っても無理があるでしょうけど、妻が夫の不倫を終わらせるためには、どうしても越えなければならないことです。

カウンセリングでは妻が不倫に向かっていくうえでの不安、恐怖をいかに和らげ、「夫の逆切れに対して」どう向き合うか。ご相談者様のケースで考えていきます。

カウンセラーコラム一覧へ


counselor infoカウンセラー情報

浮気、不倫問題カウンセラーKOUNO

〒289-1104
千葉県八街市文違297-162
TEL.043-443-3398
直通.090-2525-7449