本文へスキップ

不倫夫に夫婦のこれからの決断を委ねても無理がある|カウンセラーコラム

夫の不倫問題の解決、夫婦回復へ

あなたを心理面、行動面でサポートします!

コンセプト浮気夫は決断できない

不倫がばれて夫に委ねたが




夫の不倫問題が発覚し、すでに夫婦間の深刻な問題としてくすぶっている状態のご相談者様は多いものです。

夫の不倫を疑って探ってきて妻が掴んだ材料や、あるとき偶然見てしまった物的証拠などで、夫も不倫を認めざるおえない状況になったわけでした。
多くの場合、一度目の発覚のときは、「彼女とは別れる」「終わりにする」と言ってくる夫が多いものです。

これは夫の心理からすれば当然のことです。
まず不倫が妻にばれるとは思っていなかった。
家庭を壊すこと、離婚したくて不倫をし続けていたわけではなかったからです。

さらに夫の不倫が発覚して夫婦で言い合っているなか、妻によっては「彼女と話したい」「彼女に会わせて」と夫を責めた方も多いはずです。しかしほとんどの夫は阻止したはずです。
夫のスマホから不倫相手に電話させるとか、ラインを送るのが精いっぱいでしょう。
これも夫の立場からすれば当然のことで、妻にそんなことをされて彼女に迷惑がかかったら大変だし、彼女との関係がぎくしゃくするのを恐れているから。

だから浮気はすべて自分のせい、もしくは夫婦間の問題で彼女には関係ないこと で幕を閉じようとするわけです。

ただ妻もこの段階では受け止めざるおえません。
これ以上夫を責めても、妻が不倫相手に会えるわけでも、話しができるわけでもありません。
それに夫は不倫を認め(なかには不倫ではなく、彼女と会っていたことを認めた程度の場合もけっこうあります。)、妻に対して「彼女とはもう会わない」や、「別れる」と言ってくれています。

また妻にしても、予想外な夫の不倫でした。
離婚したいわけがありません。
自分は家庭を壊すことも離婚することも考えていないなか、むしろ夫がそういうつもりだったのかという不安の方が大きかった。
なかには、「彼女との関係が切れないなら離婚でもいい」と迫った妻もいますが、離婚は回避したい気持ちだったはずです。
夫の「彼女とは別れる」とか、「もう会わない」という言葉にほっとした面もあったでしょう。
であればこの状況では、妻はこれ以上事を荒立てることはせず(できず)、夫を信じるしかありません。

つまり不倫相手との関係をどうするのか?
夫に委ねたわけで、これからの夫婦問題をした夫に委ねたということになります


夫に委ねても水面下だった!




不倫相手と切るか切れないかはイコールこれからの夫婦関係をどうするかとも言えます。
それを夫に委ねたわけでした。
しかしふたを開けたらどうでしょう。
やはり夫の様子、行動に疑惑を感じる妻は多いものです。
また見れてしまった夫のスマホから、水面下の事実を知った妻も多いはずです。

また知ってしまった妻の多くは、また夫に問い詰めます。
ただ二度目ですから、夫も巧妙な言い逃れをしたり、開き直ってきたりするケースもある。

決定的な事実まで突きとめられていないと感じている夫の場合、
「そういう関係ではない」が常套文句。
もはや逃げきれないと踏んでいる夫のなかには、
「彼女のことは好きだ」「彼女のことは忘れられない」とくる。
本当の気持ちを教えてという妻に、
「妻と子供も大事だけど彼女も大切」とまで言い切った夫すらいます。

しかし夫の行動はどうでしょうか。
妻が不倫のことに触れなければ、夫からは何も言ってこない。
あれだけ彼女のことが大切と言っていたのに、離婚を迫ってくるわけでない。
家に帰ってくれば、子どもの世話もする。

「そういう関係じゃない」と煙に巻ている夫であればまだしも、不倫相手を選択しているかのような夫すら多いわけですから、妻にとって夫はどうしたいのか理解できません。

で、この段階でも、夫婦での話し合いをしようとされる妻は多い。もちろんそれは当然の流れです。
が、結果はどうでしょう。
話し合っても何も変わらない。
さらに話し合いを予定していても、逃げる夫すらいる始末。

なかには、水面下がばれて、今度こそきちんと終わりにする!と夫に言わせた妻もいる現実。

いずれにしても、話し合っても、夫自身がはっきりしない。
妻が離婚でいいなら離婚でもいいという態度。
話し合いすら放置し続ける夫すらいる。
さらに夫がどうしたいのかもう一度委ねざるおえなかった妻。

これがどういうことかと言うと、逃げる夫がはっきりするのを期待し続けている状況。
本音は、夫が自覚して彼女と別れることを期待して夫に決断を委ねている妻。
そうなると、夫に二度目の決断を委ねたことになる、、、。



決めるのは妻!決断を夫に委ねても無理がある




私はそもそも不倫夫に夫婦をどうするか委ねることに無理があると思えてなりません。
簡単に言えば、そこまで意識がしっかりしている夫ばかりではないからです。
私たちが想像する以上に、優柔不断で何も決められない人と化している。

不倫している夫に対して、離婚を決めるのは妻。
不倫して離婚を迫っている夫に対して、どうするか決めるのは妻。
それは不変なのではないかと捉えています。

仮に最終的な判断を夫に委ねても、無責任な態度を続けるか、適当に半分責任逃れ的な結論を言ってくるはずです。
それだけ優柔不断で、責任をとるという脳みそからかけ離れている人に期待しても無理なのでは。

妻が夫に「これから不倫相手のこと、夫婦のことをどうするか決めて!」と本気で強く迫ったとしても、どれだけ今の夫の心に響き、夫が決められるのかはなはだ疑問です。

ただしです、妻が離婚を覚悟して、離婚する行動を不倫相手にも夫にも具体的に行動で示したならば、のらりくらりしてきた夫も覚悟を決める可能性はあります。
表向き、これからどうするか最後の決断を妻が夫に委ねたということにはなりますが、
実際、妻の立場として捉えますと、
このような行動は妻にも相当な決心がなければ難しいもので、よくよく検証してみると、妻が最後に覚悟して決断したということではないでしょうか。

浮気、不倫コラム|記事一覧へ


counselor infoカウンセラー情報

浮気、不倫問題カウンセラーKOUNO

〒289-1104
千葉県八街市文違297-162
TEL.043-443-3398
直通.090-2525-7449