本文へスキップ

不倫相手を失いたくないだけの夫|カウンセラーコラム

夫の不倫問題の解決、夫婦回復へ

あなたを心理面、行動面でサポートします!

コンセプト夫にとって不倫相手とは


カウンセリング相談者

夫にとって不倫相手はかけがえのない女性ではない、失いたくはない女性です。
その差は、雲泥の違い。
不安がらないでください、怖がらないでください。
きっと夫と不倫相手の関係には終わりはくるはずです。


不倫相手にも妻にも取り繕う夫


夫婦カウンセリング相談者

夫がいきなり離婚を切り出してきた。
そんな夫は離婚の覚悟を相当に決めて言っているのだろうと妻は思う。

夫に何度問い詰めても、俺の気持ちは変わらない。
夫婦としてはもう無理だから。
おまえと一緒にはいられないとまで言ってきた。

じゃあいつ離婚するのか。
離婚したら、私たちは、あなたはいったいどうするのか。
この家はどうするのか。
財産のこと、養育費のこと、子供の福祉のこと、とにかく諸々のことはどうするのか。
夫の仕事を手伝っている妻もいますが、離婚したらどうするのか。

離婚という聞き捨てならない言葉を妻は浴びせられ、妻は現実的なことを聞いているのですが、はっきり言わない夫たち。

言えるわけがないのです。
そこまで本気で離婚の覚悟を決めて言った発言ではないのですから。


ではいったい裏では何が起きているのでしょうか。

夫が離婚を切り出してきた。
その多くは不倫相手との関係に何かしらの出来事が起こったことが多いものです。
不倫相手の妊娠とか、不倫相手が既婚であって、離婚をすることがかなり現実となりそうなタイミングのとき。

独身の不倫相手であれば、結婚願望が強く、例えばの例ですが、彼氏がいたけど煮えくり返らない男性で結婚を望めないから別れたというケース(だからといって、うちの夫かい!?と妻は思いましょうが)。
〇×頃までには一緒になりたい。でなければ別れる(不倫関係ですが、まるで恋愛だと勘違いが甚だしいのですが)という不倫相手。
このような相手も意外といます。

しかしです、不倫相手のせいばかりにできません。
それに輪をかけて、カウンセラーから言わせれば、不倫相手の上をいっている、ずるくていいとこどりの不倫夫なわけです。

つまり本気で離婚するつもりはないのに、離婚は現実的に無理だろうと思っているのに、ほんと上手い事ばかりを不倫相手にささやいてきたから。

「一緒になりたい」は相当に連発してきたはずです。

妻とは上手くいっていない。仮面夫婦だ、家庭内別居だ。
セックスレスだとか。
離婚したい、離婚の話で進めているとささやいている夫も多いはずです。

女性である妻ならわかるでしょう。
そんな彼(不倫夫)に対して、
信じていいの?
本当なの?
と、問う。
信じているけど安心を求め聞く不倫相手。

そして不倫夫は、不倫相手に対して、前後の言葉は様々ですが、「責任」という言葉を出して信頼感を与えるもの。

責任、信頼、信用という言葉に、「とる」、「して」がくっつくと、その破壊力は相当です。

責任とる、信用して!でがつ〜ん。
これって不倫相手にとっては不倫関係の彼を信じ切れる重たい言葉。
そう容易く言われる言葉ではないでしょう。

でも不倫する夫にとっては、関係を持続させるために簡単に言えてしまう軽い言葉です。
この二人の温度差はすごいものです。

女を失いたくないだけで、軽々しく言えてしまう夫。
もちろんいっときとち狂って本気だった場合もありましょう。
そうです、何かしら不倫相手に対しての罪悪感があった。
例えば、そのとき妊娠して中絶していた。
先走って不倫相手が離婚したなど。

しかし家に帰って正気に戻るときってたまにある夫です。
もともと不倫相手に対してそこまでの覚悟はなかったわけですし、本当は離婚なんてしたくないのが本音ですから、妻には言えなかった、言わなかったのです。

けど不倫もその相手次第、進行状況次第で、夫自身が自分でコントロールできなくもなる。
自分でどんどん盛り上げてきたのにです。

とくに結婚願望が強い、
妻の座を奪いたい感ありありの不倫相手であれば、
さらに嘘で上塗りしなければならない状況に夫は追い込まれるでしょう。

でも離婚する覚悟はありません。
本気度もありません。

そして不倫相手を切ることもできないのです。


彼女を失いたくない、関係を維持したいだけの夫


夫と不倫相手

女に上手いことばかりささやいているのに、家に帰って妻に離婚の話など何も言っていなかった。
離婚して欲しいと言ったことは言ったけど、妻の反撃にそれ以上言えなかった。

そんな状況のなか、夫の不倫相手はどんどんのめり込んでいく。
彼を手放すものか!っていう境地です。

「なんで別れないんですかぁ?」
「離婚してあげてください」
「奥さんのこと、いつも嫌だって言ってましたよ」
「旦那さんは円満離婚したかったんだと思いますよ」
もあるし、
「旦那さんは今、私と一緒にいます」という不倫相手。
このようなことを平気で妻に言ってくるのです。どれだけとち狂っている女たちでしょうか。

ただ、その裏には、不倫夫の情けないほど、呆れるほどのずるさがある。

女も悪いけど、夫の罪は莫大です。

それを物語る理由として、そのうち不倫相手が被害者気取りになっていくわけです。
そうさせた原因は不倫夫にかなりある!とカウンセラーは感じてなりません。


とにかく今の重圧に負けないでください。

夫は不倫相手に上手い事ばかりを言っていれば、関係が持続できると思っているし、不倫相手が自分に尽くしてくれると思っているのです。

優しくて責任感があって、頼りがいがあって、真面目な夫であると信頼していたのに、卑怯でずる賢くて、弱い夫であることを目の当たりにして、辛い、痛いことでしょう。

そのような夫に、今の妻は
「どうせ妻はそれ以上のことはできない」、
「離婚なんてできない」と思わせている。
本気で離婚なんてできないのは夫自身のくせにです。

でも、その妻の弱さを知っているから、夫は強気、強気で女を手放さない。
開き直って不倫している夫と化したりするのです。

彼女にどっぷり浸かっていて、切れないのだろうか、、、

彼女は夫にとってかけがえのない女性なのだろうか、、、

いや、そうじゃありません。

かけがえのない女性などではない、
ただ失いたくない女性なだけです。

夫婦は終わってはいません。
自信を失わないでくださいね。

浮気、不倫コラム|メニュー


counselor infoカウンセラー情報

浮気、不倫問題カウンセラーKOUNO

〒289-1104
千葉県八街市文違297-162
TEL.043-443-3398
直通.090-2525-7449