本文へスキップ

不倫相手が怖いから別れられない夫

夫の不倫問題の解決、夫婦回復へ

あなたを心理面、行動面でサポートします!

コンセプト不倫相手と別れられない夫

不倫相手が怖いから別れられない夫

夫の不倫相手

別れるつもり、別れたいのだけれど、彼女が何をするかわからない。
危険な女だからと感じている夫にとっては、不倫相手をばっさり切ることができません。

彼女とは別れる、終わりにすると言ったから、そこは夫を信じたものの、
待てど暮らせど、またっ!?って何度妻に言わせれば気が済むのか。
妻からすれば、夫はどっちにもいい顔をしているよねと言いたくもなる。

いったい何が原因でこうなるのか。
夫は不倫相手が本当に怖くて別れられないのでしょうか


別れられないのは彼女のせいと逃げている!?

別れない不倫相手

不倫関係も様々、不倫女性もいろいろです。
夫が言うように確かに危ない不倫女性も実際に存在することは事実です。

ただし私から言わせれば、夫自身だって、不倫相手と何としても別れる、金輪際終わりにする!という意識はあまり高くないと感じてなりません。
いつまでも続けていてはいけない、もうこの辺で終わりにすることもありか。
その程度の思いの夫も多いはずです。
それに、もし終わるとしても、彼女が俺をふってくれたらいいのに、彼女の方から離れてくれたらいいのになどと、自分が悪い男にならずに終わりにしたい、穏便に別れたい。
そんな風に思っている夫も多いものですから、妻が不倫相手に行動を起こすなどは絶対にして欲しくなく、必死に食い止めるはずです。

さらに不倫夫の中には、不倫していた自分が悪かった、浅はかだったと自責の念を抱くどころか、
妻にばれなければこんなことにならなかったと思っている人たちも多い。
不倫相手と揉めていたり、別れ話をしていたわけではなく不倫の関係は良好で、別れる理由はなかったわけですから、別れる覚悟というものが足りないのは当然かもしれません。
その程度の不倫夫に対して、不倫相手と終わりにする気持ちがどの程度かと、秤にかけても仕方がありません。

しかし実際夫は、妻、家族を選択していることは間違いありません。
だから離婚はしない、したくないと言っている。
それに不倫相手ともう別れた、終わったと嘘をついていないからまだましです。(彼女と続いているとか、まだ別れていないとまで言う夫も少ないのですが)。
けれども、夫が不倫相手と別れられるかどうかは別問題です。

その原因が、「だって、彼女が何をするかわからないし、怖い女なんだ」と、妻に言う夫。

確かに世の不倫女さんのなかには、危険な女はいます。
想像がつくと思いますが、夫が別れ話なんてしようものなら、暴れて取り付く島もなくなる女です。
暴れるは言い過ぎですが、被害者に転身し、夫にかなり圧力をかけてくる女たちです。

自分は滅茶苦茶にされた。
裏切られた。
で、どう責任をとってくれるのか、落とし前をつけるのか!?

「怖っ!」

被害者意識は満開です。
不倫相手のその意識は、自傷行為から彼への復讐、仕返しにまで移行するから怖いものです。
夫自身、不倫相手の性格はわかっているから、現実味がわいてきます。

これまで不倫相手に気持ちがあることや、愛を捧げできたような夫。
俺を信じて欲しい、責任はとるくらいのことまで不倫相手にささやいてきた夫。
不倫相手と関係を持続させるために上手いことをたくさん相手に言ってきた夫。

さらに優柔不断で小心者は多いから、自分から別れをばっさりと言えない、非情になれないものです。

妻を目の前にして、「俺はどうかしていたんだ」と言ったとしても、
あの不倫真っ只中の相当にとち狂っていた時期、悪態をつきまくり、離婚でもいい(離婚してくれ)と言うくらいな夫だったわけですから、不倫相手への愛の言葉は尋常ではなかったはずです。

ですから、「彼女は何をするかわからないから」とか、「怖い女だから」と言っても、自業自得ってやつで、自分で不倫相手を怖い女にさせたようなものです。
夫の言っていることは明らかに責任転換であり、論点のすり替えでもあります。
すぐに不倫相手と別れられないのは、彼女のせい と言っているのです。

つまり、本気で別れを切り出す勇気がない夫であることも否定できないのです。


もし本当に別れてくれないような女であれば

夫のダブル不倫相手

夫からどんなことを聞かされていても、言われていても、既婚者と不貞関係を続けていたことは事実ですから、不倫相手は悪くないとは絶対に言えません。
夫婦が破綻していたからという理由も、聞いていたことを鵜呑みにして勝手に言っているだけに過ぎません。
もし彼が既婚と知らなかったのであれば別ですが、それならば既婚と知った時点で断ち切ればいいはずなのですが、そうしなかったわけです。

いずれにしろ、不倫相手もかなり夫に気持ちが入り込んでいることは確かで、執着心がかなり強くなっている不倫相手という状態です。
夫自身が相当な覚悟をもって切りにかかりませんと難しいでしょう。

だからと言って、妻が不倫相手に会って交渉するなどはやめたほうが賢明です。
妻が動けば動くほど、妻が不倫相手に圧力をかければかけるほど、夫に跳ね返ってくるだけです。

ならば、妻が夫に、信じているから自分で何とかしてと委ねるか。
これも実際に期待できません。
もし2〜5年耐えられるのであれば、なくもないでしょう。

カウンセリングでは個々に詳しくお伝えしますが、
妻が夫の味方となって不倫相手に行動を起こす。
その立ち位置は、夫が加害者というスタンスです。
不倫相手に対して加害者である夫ということで、話をもっていくということです。

ですから夫にも理解させなければならないし、
夫にはそうせざるを得なくするように妻がもっていくわけですから、夫に対しての切り出し方も心理作戦で臨みます。
夫が無傷で終わらせるなんて難しいのです。
もはやそのくらいの次元だと受け止めたほうがいいケースの方もいるのです。

例えば、夫の仕事も手伝っている不倫相手だったり、夫が自分の会社(事業)に引き抜いた過去もあったりなど、仕事においても重要な存在だった女。
彼(相談者様の不倫夫)のことを長い期間独身だと信じており、結婚できるものだと受け止めていたような女。
そのような関係性の不倫相手の中に、絶対に別れてくれない女、怖い女(夫が怖くさせてしまった女)が存在すると実感しております。

不倫相手を擁護するわけではありませんが、となると不倫の恋に破れた(ふられた)惨めな女となる不倫相手が一番の傷を負うわけであり、仕事も結婚も勝手に帳消しなんてすぐに消化はできないでしょう。
でも、そもそもそうさせたのは夫であり、その男は妻が一緒になったこの旦那なのだと、妻のほうが先に受け止めることも必要です。
妻が知らない、理解もしたくないだろう、この不倫の二人の関係の中で何がどう行われていたかを知れば知るほど、私はそう感じてならない場合もあります。

コラム一覧へ


counselor infoカウンセラー情報

浮気、不倫問題カウンセラーKOUNO

〒289-1104
千葉県八街市文違297-162
カウンセラー
直通.090-2525-7449