本文へスキップ

不倫の二人の関係はどこまでか|カウンセラーコラム

夫の不倫問題の解決、夫婦回復へ

あなたを心理面、行動面でサポートします!

コンセプト不倫の二人の関係性

不倫の二人はどこまでの関係か

夫の浮気相談者

私の場合はもう手遅れなのでしょうか。
夫と不倫相手との関係はどうなのでしょうか。
もう何をしても無駄でしょうか。
どうしても二人は終わる様子がありません。

さらに、離婚したほうがよいのでしょうか。
離婚になってしまいそうですか。
離婚するべきレベルだよって感じですか。

カウンセリングのご相談者様がそう感じる苦悩は重々察します。
こんな夫を見てきて、不倫相手の気配を感じてきて、妻の不安や心配は尽きないでしょう。

でも、そこまで不安がらなくてもいいケースもあれば、
もっと危機感をもっていただかないと、大変な状況になりそうなケースもあれば、
すでにかなり深刻な状態ですよというケースもあります。

では、カウンセラーはそれをどういう視点で判断しているのか。

不倫の二人の関係性がどのステージ(段階)か。
それと、これまでの夫婦関係がどうだったのか、不倫がばれた後の夫婦関係がどうなっているか。

大きく分けてこの二つに注視しているのですが、今回は、不倫の二人の関係性がどの段階かについて解説します。


不倫で高揚感と刺激を享受したい関係性

夫とダブル不倫相手

極端な例をあげますが、すべてを捨てて駆け落ちする覚悟を決めている不倫関係と、お互い家庭を壊さずに満たし合っていきましょうという不倫関係とでは、雲泥の違いがあることはおわかりかと思います。

前者であれば、かなり深刻な状況であると言え、不倫している配偶者が、離婚して不倫相手を選択したい気持ちは本気であり、どう対処しようが至難の業であります。

また後者であれば、典型的なw不倫であり、離婚して不倫相手と再婚する、人生を供に歩んでいくという気持ちまではないわけですから、どのように不倫を終わらせるかに期待を持てるわけです。

ですから直面している不倫恋愛がどの段階(ステージ)なのか正しく知って、理解する必要はあるとお伝えしています。

つまりどんな不倫の関係性なのか見抜くということですが、相談者様の多くはわかりません。
もうダメかもしれない。手遅れか。もう夫婦は終わったなどと、思い込んでいる方々もいます。

では不倫の関係性について、ステージ(段階)ごとに解説していきます。


まず最初のステージです。カウンセラーから見ても一番多い段階だと感じます。

会ったり連絡を取り合っていることで、身も心も満たされる。
ドキドキ感や高揚感、そして受ける刺激はすごいものです。
配偶者では満たされないものを満たしたいから不倫している人たち。
性的欲求を満たしたいから浮気する人たちが典型的です。
頻繁に、毎日のように会っているからとか、接触頻度、密会回数で二人の関係の段階を判断すると判断を誤ります。
それと不倫関係になって2年、3年が経っているから、もうこの段階ではないだろうとも言い切れません。

問題は中身、内容です。
でも、連絡頻度は多くなる傾向はあります。朝、昼、晩、夜中とか、いったいどれだけやりとりしているのか?と、発覚した際、妻が驚くことが多い関係もこのステージです。

刺激を満たしたいから浮気したとよく言っておりますが、刺激欲しさ、もしくは配偶者では満たされない快楽を享受することを一番に優先している段階です。
夫の不倫なら、いつまでも男でいたい。
妻の不倫なら、いつまでも女でいたい。
そんなテイで浮気、不倫している人たちもそうです。

恋愛に例えるなら、最初の頃、初期段階の頃と言ってよいでしょう。
不倫でも一番燃え上がるのはこのステージ(段階)です。

ならば最初の数か月とか半年程度だろうと思う方も多いでしょうけど、そうとは言い切れないのです。

不倫恋愛におけるこのステージは、親密になってから半年もあれば、1年もあれば、ずっとこの段階のままもあるわけです。
浮気、不倫を繰り返す人、しやすい人は、おそらくこのステージのままです。
この段階を楽しんでいるのです。
自由に楽しみたい、遊び感覚でもあり、浮気、不倫相手に対して、妻が思っているほどの執着はありません。

ですから妻が問い詰めたり、ちくちく責めたりすると、キレたり、離婚でもいいと言う夫もいますが、本気ではありません(このキレた夫の発言(浮気妻の発言)に対しても相談者様には正しく解釈できていない方が多いものです)。
まして、妻が離婚でもいいと詰め寄っても、「俺は離婚なんてしない」とか、
「なぜだ!?どうしてそんなことを言うのか」と言ってきたりする。
妻がさらに夫を責めれば、「そんなに俺に嫌われたいのか」とのたまう。

結婚したからといって、浮気、不倫してはいけない法はない。
世帯主として、父親として責任を果てしているんだから少しくらい自由にしてもいいじゃないか。
目くじらをたてて攻撃してくる妻が理解できない。
妻が騒ぎ立てるから、家の中がぐちゃぐちゃになってしまうのだ。
どうでしょうか、不倫で一番多いステージにおける、夫たちの脳みそなのです。


価値観が一致し、より結びつきが強くなる二人

夫と浮気相手

恋愛で言えば、始まったばかりの初期段階の頃から、さらに進行していき、お互いが思っていること、考えていること、カッコよく言えば、人生観とか、価値観が合うことでより結びつきが強くなっていく場合があります。

そんな状況のなか、不倫相手とは恋愛感情を越えた価値観の一致などで、不貞関係だけの関係性ではなく、そこに共通の趣味、ビジネスなど共有できる部分があればあるほど、体の関係以外での繋がりも深くなっていくものです。

よって、初期段階(第一段階)のとき、キレて離婚、別居を言っていたけど、数時間後や翌日には普通に戻っていたとか、不倫している方からは離婚、別居とかは切り出してはこなかったのが、この段階になると、不倫しているほうの離婚や別居発言は一貫性が出てきて、本気なのかと感じてしまうものです。

ですから不倫を終わらせる対処をしても、すぐには終わらない、水面下に入る可能性が高いことは否めません。
また、不倫相手と別れる(終わりになる)くらいなら、離婚でもいい、離婚して自由にしたいととち狂う人たちにもなり得ます。
要するに不倫相手に対しての執着心が強く出てきている段階でもあるのが、第一段階の二人とは次元が違うのです。
どっちもうまくやっていこうから、もう選ばなくてはいけないと追い込まれている状態であるとも言えます。

ただ不倫夫(不倫妻)もまだ一方的に出て行ってはいませんが、
不倫の関係性という視点で言えば、黄色信号は点滅している段階です。
早めの対処が必要です。


不倫相手をライフパートナーと決めている

夫婦カウンセリング相談者

さて、ここから先のステージに進んでいくと、不倫同棲をし始める。
もしくは夫の不倫であれば、夫が家を出て行く可能性が高まります。
たとえまだ家を出て行かなくても、不倫相手とこの先の人生を模索し始めます。

もちろん第二段階のステージでも考えたりはしますが、本気度が違います。
不倫相手対して「妻とはダメだから離婚する。」とか、「あなたと一緒になりたい」とかの常套句とのレベルとは違います。
かなり具体性が出てきます。
キレて夫が突発的に家を出て行く場合もあるのですが、第一、第二段階の頃、不倫相手の部屋に出入りしたり、頻繁に外泊していたり、しばらく帰ってこなかった行動と一緒くたにしてもなりません。
もっと前々から、離婚の決意、出て行く覚悟を決めていたわけです。
淡々、着々と移転先を決めるなど計画していた夫もいます。

そして執拗に離婚を迫ってくることが多く、別居先からも「早く離婚してくれ」攻撃もしてくるでしょうし、離婚調停を申し立ててくる夫も少なくありません。

いずれにしろ、夫は不倫相手の運命を背負う覚悟で、不倫相手も夫と供に歩んでいく覚悟ができております。
二人がともに相手を理解し、補完し合って生きていくつもりです。

不倫の二人がいきなりこのステージに突入することはまずないでしょうけど、この段階に入るまで、不倫に気がつかなかったか、あやしんでいても放置していたか、何度か問い詰めたけど、逆ギレされてそのままだった。
また、一応妻なりに対処してもう終わったものだと思っていた(水面下だった)という過程を経てきたはずです。
また、愛され妻を長く実践してきた方もいるでしょう。


初期段階(第一段階)から不倫関係が進行していく要因としては、様々な要因が絡んできます。
不倫相手が独身で、執着心が強く、略奪したい系の女性であったとしても、それだけで第二、第三のステージにまで行ってしまうとは限りません。
どんなに夫婦関係が悪くても、第二、第三のステージに入るとは限りませんし、
どんなに夫婦関係に問題がなかったとしても、第二第三のステージに行くこともあるのです。

いずれにしろ、離婚の意思が固まり、不倫相手の人生、運命までも背負っていくとち狂った境地に入っていかない前に対処することが重要です。

自分の夫(妻)の不倫はどの段階なのか。
自分の夫(妻)の言葉を過信せず、
この問題を安易に捉えず、目をそむけずに、もっと危機意識をもって欲しいと思います。

カウンセラーコラム|一覧へ


counselor infoカウンセラー情報

浮気、不倫問題カウンセラーKOUNO

〒289-1104
千葉県八街市文違297-162
カウンセラー
直通.090-2525-7449