本文へスキップ

なぜ妻に浮気、不倫がばれても夫は別れないのか

夫の不倫問題の解決、夫婦回復へ

あなたを心理面、行動面でサポートします!

コンセプト浮気がばれても終わらない

浮気がばれても別れないのはなぜ?

カウンセリング相談者


夫に浮気を問い詰めても、「浮気はしていない、そういう関係ではない」と言い張る夫。
こんなにバレバレな状態なのに、浮気を認めないし、真実を語ろうともせず、「していないものはしていない」と煙に巻く。

また、夫は浮気は認めたが、彼女とは別れた、終わったと取り繕っている。
一度ばれたら心を入れ替え、さすがに終わるはずだと妻は信じていたが、水面下なのは明らか。
妻に浮気、不倫がばれても夫はなぜ相手と別れないのでしょうか。


浮気がばれても認めないから

w不倫する夫


浮気がばれる時って、ある日突然やってきます。
夫の様子に違和感を感じ始め、あやしんでいくのですが、やはり決定的な事実を見てしまったことが多いはず。

夫のスマホのラインやメールの中身を見たら、浮気相手とのやり取りのオンパレード。
外で偶然見てしまった(遭遇した)夫と浮気相手とのツーショット。
夫へ愛を綴った不倫相手からの手紙が出てきた(見つけた!)もよくあることです。
いずれにしても、妻にとっては夫の浮気は間違ないと確信できる事実だったのです。

浮気を確信した妻は、もちろん夫に問い詰める方が多いはずです。

一瞬青ざめて動揺したり、しどろもどろになる夫もいますが、結局、「浮気ではない」「そういう関係じゃない」とか言い返してくる。

嘘をつかないで!これが浮気じゃなくて何なのか!?と詰め寄っても、、、。

ありえない言い逃れをしつつ、とにかく不倫とかそういう関係ではないと言い張ってくるものです。

こうなってくると夫も必死、肯定したら負け。

妻に不倫がばれたことは夫は重々承知しているのですが、これ以上は何も証拠を出したり、言ってこないと踏んだ夫は、さらにのらりくらりと逃げるもの。

もしくは逆切れして妻に言わせないようにしたりする。

夫婦の間だからそんな言い逃れができたわけです。

とにかく妻が夫に初めて突っついた時から、

女なんていない。
浮気(不倫)していない。
そういう関係ではない。
相談事をしていただけで不倫とかじゃない。
さらに、
そんな女がいるのならここに連れて来い。
お前(妻)の被害妄想じゃないのか!
とまで言ってくる夫すらいます。

結局、妻が知った事実で突っついても、俺(夫)は浮気していない夫のままで、切り抜けられたということで、
夫の浮気は妻の考え過ぎ、事実誤認という状態にさせられている状態なのです。


確かに、そもそも浮気はしていない、不倫ではないとか、浮気なんて妻の被害妄想であるならば、女と終わるもなにも、別れてよ!切ってよ!やめてよもないですよね。
だって浮気じゃない、浮気なんてしていないのだから 
ということなのです。

この状態を夫婦の間で続けている(続けてしまっている)から、
妻にばれても、不倫が終わらない大きな原因になっているとカウンセラーは声を大にしているのです。

カウンセリング相談者様のなかには、このような夫婦の状態の方は意外と少なくありません。


浮気を認めたけど別れない

夫の不倫を疑う妻


妻に浮気がばれても認めない夫ばかりではありません。
最初はとぼけていてもしらを切り通すことができずに、結局認めた夫もいるし、自白した夫もいます。

夫としては離婚したくて浮気したわけではないから、彼女とは終わりにする、別れると妻に約束する場合が多いはず。
そんな夫に対して、不倫はばれたら普通終わりにするでしょうと妻は思うものです。

でも実際はどうなのでしょうか。

一度夫の浮気を見抜いた妻はアンテナをぴんと張っている状態なので、やはり夫のあやしい様子や行動に気がつくわけです。
そんななか、また夫の浮気行動といえる事実を知ってしまった。

けど一度目とは違い、夫自身も相当に学習してはいるし、もう妻にばれたくない感は必死です。
またどんなことで妻があやしんでいるのかにもよりますが、
夫としては、
もう会っていないし、連絡もとっていない。
彼女とは終わっている、別れている。
頑なに終わったふりをし続けるものです。

そんな夫のことを信じられないし、まだ嘘をついていると疑っている妻が、さらに問い詰めたりしたものなら、
そうやっていつまでも疑われることが辛い。
そこまで俺のことを疑うのであれば夫婦でいる意味がない。
そこまで疑うのであれば、一緒にいられない。
そこまで言うのであれば、離婚でもいい。

そんな夫の言葉に、私の思い過ごしか、勘違いなのかとまで思えてしまう妻もいれば、これ以上波風を立てると夫婦はダメになってしまうという不安に襲われ、結局黙ってしまう。

結果、夫に幕を閉じられ、うやむやにしたままになっていく。

もちろん夫の不倫は続いたままなのです。

また夫のなかには、妻があまりにも問い詰めたり、突っついてきたから、いつまでも疑って、探るようなことはしないでくれ。放っておいて欲しいと言う夫。
妻が怖い、妻が睨むから居場所がないとまで言い出す始末。

帰ってこない、帰りが遅いのも、そんな妻のせいだと言ってくる。

あまりにも妻のせいにするわ、浮気はないを通すものだから、「私がおかしいのか」とまで思えてきた妻もいるものです。

夫婦の間で、こんな状態(関係)→ 水面下なんてあり得ない! 彼女とはもう終わったこととして、夫に通されているわけですから、一度や二度浮気がばれても終わるわけがないのです。


身震いしながら不倫をやっと認めた夫たち

不倫夫とカウンセリング妻


いかがでしょうか。

初めて浮気がばれたにせよ、水面下の不倫がばれたにせよ、
不倫はしていない、もう別れた、終わったことにさせられているから終わらないのです。

さらに言うならば、
刺激が欲しいという欲求、快楽欲しさに、別れられない。
不倫相手に対しての罪悪感があるからはっきり別れを切り出せられない。
妻のことをなめている。もうばれないだろうと高をくくっている。

だから、妻にばれても終われない も原因です。

だったら、何もない、もう会っていないを装うことに行き着くはずなのです。
開き直って、否定もせず不倫を続けることのほうが大変なのは、不倫なんてしない方でもおわかりでしょう。

ですから、夫の不倫は確かなのこと。
夫は120%不倫しているという状況にもっていくことなのです。
認めさせるというより、
確かな事実を握って、言い切るっていうことなのです。

不貞の回数とかではありません。
探偵の証拠が絶対必要とも限りません。

でも、夫に言い切れるだけの中身、内容の把握は必要です。

そしてこれまでと違った態度で夫に言い切ることが必要です。

「あの夫が身震いしながら、やっと認め、謝罪してきました。」

「しらを切り通していた夫が、天を見上げてため息をついていました。」

「一度目がばれた時、私は夫にすがって、私を捨てないで欲しい感を漂わせていたのでしょうね。
自分では強く言ったつもりですが。
夫に見透かされていたのかもしれません。
でも今回は違った。自分でもそう感じたくらい、もうどうでもいいやこんな夫ならと思った。
なるようになれと開き直りました。」

浮気しても妻だから許される、のらりくらりと煙に巻けている状況を夫婦で作っている。
水面下なら、妻だから許される、のらりくらりとしらをきり通せる状況を夫婦で作っている。

この手の不倫夫たちに対峙していくには、夫にはね返されない妻の強さが必要です。

どう夫に向き合っていくのかはカウンセリングで個々にお伝えしております。

浮気、不倫コラム|メニューへ


counselor infoカウンセラー情報

浮気、不倫問題カウンセラーKOUNO

〒289-1104
千葉県八街市文違297-162
TEL.043-443-3398
直通.090-2525-7449