本文へスキップ

浮気、不倫する夫に女を切る力はない|カウンセラーコラム

夫の不倫問題の解決、夫婦回復へ

あなたを心理面、行動面でサポートします!

コンセプト夫は不倫相手を切れない

不倫相手と別れたはずなのに


夫と不倫相手

不倫が発覚した際、家庭まで壊すつもりはないし、家族が大切だと言う夫。
妻に、もう彼女とは会わないし連絡もとらない、終わりにするなどと約束した夫は多い。

不倫の発覚が一度目だと、夫の言葉を信用した妻はけっこういます。
それは一度目だからです。
妻の追及も二度目三度目のばれた時に比べれば、まだ弱かったはずですし、
夫としては、不利となる行動(例えば不倫相手を攻撃するなど)をとられたくないため、
妻の怒りを鎮めようと必死です。
結局、妻に責められないよう上手く言い逃れしたり、
話の内容を変えてきたりして、幕を閉じてしまう。

しかし夫はまた裏切った。

「別れたはずの二人の関係がまだ続いています。」
というご相談は非常に多いものです。

不倫相手に会い、謝罪された妻もいます。
謝罪までされたのですから、反省しているだろうと妻は受け止めていた。
また不倫した夫の「彼女と話してちゃんと別れる」とか、
「もう連絡もとらないし、会わない」という言葉も信じていた。

でも、あやしい。どうしても水面下を疑ってしまう妻。
だから疑心暗鬼な妻は、夫の不倫に触れてしまう。

「そんなに俺のことが信じられないのか!」とキレる夫。
「そんなに信じられないなら、離婚でもいい」と強気に言う夫もいます。

離婚を決断した妻なら、有利な離婚に向けて準備を進めていく方もいますが、
離婚はしない、夫婦を続ける思いの妻にとっては強烈な言葉です。
その後、夫の不倫について問い詰めることが怖くなり、
そのまま放置し波風立てない妻になってしまう。

しかし夫の不倫を一度見抜いた妻はまた見抜くものですし、一度ばれた夫はまたばれるものです。
夫と彼女との水面下は間違いないでしょう。

あれだけ約束したのに。
あの時の言葉はすべて嘘だった。

いったいどうしてこうなるのか。


夫に不倫相手を切る力はない


夫と不倫相手の不貞の証拠

「夫には不倫相手を自分で切る力がない」

カウンセラーはそれが結論であると言ってきました。
自分だけの力で不倫相手と別れられる強さがないのです。

「いずれ俺が決めなければいけない。」と自覚している夫たちもいます。
しかし、いつまで経っても決められないのが関の山です。

彼女と別れた、もう会っていないと言っても、不倫相手がまだ同じ会社に勤めていたり、
同じサークルに在籍しているなど、まだ二人が顔を合わせられる状況だったりする。
そのような状況で、本当に不倫関係が終えられるのか。
夫の言葉を信用できるのか。

また相変わらず携帯電話、スマホ三昧。
いまだにこそこそしている行動を見て関係が終わっていると信じられますか?
いくらスマホを見てもいいと言われても、通信手段はあの手この手の姑息な手段でやり始める。

もはや夫に不倫を終えられるという強さはない。
頭の中では、もうやめなきゃ、終わりにしなければと思っても、
思うのと実行できることはまったく別次元です。
妻と離婚しない、家族が大事だとわかっていても、
今度こそうまくやればばれないだろうという夫自身の浅はかな気持ち。

夫にとっては妻に不倫がばれたにもかかわらず、リスクを冒してまで水面下に入るほうが、不倫相手と別れることよりも楽。苦しくない次元に入っているのです。
そこまで豹変しているのが、今の夫です。

人間は弱いものです。
とくに不倫に陥る人たちはより弱いものです。
そのような人たちが苦しい選択をするでしょうか。

また、不倫が発覚しても自分に被害が及んでいない不倫相手にも原因があります。
妻にばれた際、妻と電話で話したとか、ライン、メールを交わしたなどはありますがその程度です。
夫をストーカー扱いしたり、セクハラされたと言ったり、
意味不明な発言をする不倫女たちもいます。
その不倫関係、なにも男である夫が積極的に押していたとは言い切れない。
不倫相手のほうが積極的だったということも大いにありえます。
別れてくれない不倫相手の姿も容易に想像できます。
気持ちが揺らぐ不倫夫であれば、ばっさりと切ること(非情になること)ができません。

それに妻との夫婦関係は冷え切っています。
それは夫が不倫してからとか、不倫が妻にばれた後からが多い。
そのような状況のなか、彼女に会いたい、癒されたい気持ちが捨てきれない。
ほんと弱い情けない夫です。


失うものの恐怖に耐えきれない弱さ


水面下の浮気夫

不倫がばれた後、妻の手前、そう対処しておくしかなかったのが夫の本音です。
失うものの恐怖に耐えきれなければ切ることは無理でしょう。
しかし不倫で失う恐怖を妻や家族に対して、そこまで感じないのは理解に苦しむものです。

けど、そんな夫の心理も明白。
妻は離婚したいはずがない。妻は俺を見捨てるわけがない。
結局妻は俺を許してくれる(許すはず)。
これもまた夫の不倫を終わらないものとしています。

それに妻にばれても水面下に潜ることって、
(多くの不倫夫に遭遇してきた立場から見れば)シンプルに捉えてもよいかもしれません。
妻が言うほど、世間でパッシングされるほど、不倫がいけないことだと思っていない。
皆やっているという認識のずれ。
そこまで妻が傷ついていると理解できない夫たちも多い。
このままばれないように関係を続けることに一生懸命になるわけです。

それは不倫相手も同じです。
「奥さんにばれたらからもう終わりにしよう」はかなり稀です。
まだ、「奥さんに慰謝料を請求され誓約書まで要求してきたから」などと、
そこまで行動されてやっと懲りる人たちもいますが、それが決定打になるとは限りません。


やはり夫は自分で女を切れなかった


不倫がばれた夫

妻に不倫がばれた程度では、
「障害は二人で乗り越えられる」、
「乗り越えて、関係を維持していこう」
などと不倫は障害があればより燃えると言われる都市伝説よりも、
ここまでお伝えしたことが要因で別れていなかったと捉えたほうが現実的です。

それと夫の不倫が初めてばれた一度目よりも、水面下に潜っていた二度目がばれたとき。

私としては、相談者様のケースがどの程度の不倫問題か知ることとなり、
問題解決の難易度を測る分岐点となるものです。

つまり二度目のときは、妻も前回よりは強く責めるはずです。
初めてばれた時の「今回限り信用してみよう」「様子をみてみよう」
という思いとは違うはずです。

そのとき夫がどう出てくるか。

さらに言い逃れして、とぼけるのか。
また認めて、今度こそ終わりにする、別れると言ってくるのか。
彼女も大切、別れられないと言ってくるのか。
三番目の夫も少なくありません。

開き直ってしまったかのような言動です。
妻もまさかこんな言葉が返ってくるとは思っていませんでした。

それに「別れるように頑張る」ともう少し時間が欲しいと言ってくる夫すらいるのです。
このような言葉が出てくる限り、別れられません。

しかし、不倫問題も一緒くたではありません。
今回このような内容をお伝えしながらも、夫が自分で終えた不倫もあります。

でも、表面的には夫が終わらせた結果であっても、
妻の働きかけ、力があったからこそと私は捉えています。
であれば、夫だけでは終わらせられないに入るのかもしれません。

つまり、もう終わりにしなくちゃいけない、やめる必要はあると認識している夫です。
そのような夫の中で、さらに私が考える条件が一致したうえでです。
よくある相談事例であげておりますので参照してください。

「夫は不倫相手と別れるから待って!と言っています」


それを踏まえて今回「不倫夫に自分の力で女を切る力がない」を解説しておりますが、
ならば夫の不倫はどのような状態で終わる可能性が高いのか。

〇不倫相手のほうがまた別の男性にいってしまったとき。
二股になっていた状態から、不倫相手が決別を選択した(理由とか状況は様々)。

〇不倫相手も既婚であるw不倫ですが、相手の夫にばれて行動を起こされ別れさせられた。
夫はかなり懲りさせられた。

〇同じくw不倫で、相手の夫婦の間でもめた結果、女のほうから不倫の終止符が打たされた。
夫が仕方がなく手を引いた場合もある。

〇不倫相手が独身の場合ですが、いつまでたっても離婚しない彼(不倫夫のこと)に、
自分が都合のいい女だと気がつき、段々と気持ちが離れていく。そして別れ。
訳ありでない彼氏ができた事例もあります。(不倫相手に彼氏ができても、以前からいても、不倫相手によってはあまり関係ないことも事実です)

〇不倫に終止符を打たせるため、妻が二人に対して行動を起こし終結させた!

〇もともと離婚する気も、家庭を壊すつもりもなかった。
あくまでも遊び。自分の欲求を満たしたいだけだった。
さらに不倫相手にもその思いを当初から伝えているような関係。
妻との夫婦関係いかんで夫が不倫相手を切ることもあります。

これらの要因を見れば明白ですが、夫が自ら自覚して自分の力で女を切った事例は少ないものです。

これ以上不倫関係を続けていくことが困難な状態になり、終止符を打つ原因は多いものです。

でも、不倫関係を続けることが困難な状態が、妻の強制終了によってが多い!
などと誤解釈しないでください。


いかがでしょうか。
こんな状態の夫に「夫自ら、女と別れる力も強さもない」と思えば、
不倫をやめることを夫に委ねますか?まだ期待しますか?

離婚はしない、夫婦、家族を守る気持ちの妻は夫の不倫は嫌、NOであるはずです。
一度目であればまだしも、二度目三度目と、同じことの繰り返し。
信じてはされ、また信じてはされる。
妻の意識も変えましょうとカウンセリングでお伝えしているわけです。
妻が向かって行く先は不倫相手の女なのか、自分の夫なのか。

不倫相手を叩くとか、なんでもかんでも慰謝料請求などと短絡的に捉えないでください。

そこは個々のケースにそって対処しないと、夫婦問題をこじらせるだけです。

カウンセラーコラム|記事一覧へ


counselor infoカウンセラー情報

浮気、不倫問題カウンセラーKOUNO

〒289-1104
千葉県八街市文違297-162
カウンセラー
直通.090-2525-7449