本文へスキップ

妻を助けるのは不倫した夫、あなたですよ

夫の不倫問題の解決、夫婦回復へ

あなたを心理面、行動面でサポートします!

コンセプト妻を助けるのあなたです

妻は不倫した夫に助けて欲しいのです

夫婦カウンセリングの妻


助けて欲しい

これが妻の叫びです。

一生懸命に這い上がっていこうと頑張っている。

でも自分一人では何度も何度も落っこちていく。

どん底へ落としたのは不倫した夫なのですが、妻は夫に手を差し伸べて欲しい。

でも、

夫が手を差し出してきたのに、夫の手を振り払うときもある妻。

だって、この人(夫)は私(妻)の苦しみが本当にわかっているのだろうかと感じるから。

後から出てきた嘘にまた苦しまされる。

まだ嘘をついていないか、また裏切られるのではないかと、不安で怖くてたまらない。

それと、夫の口から出てくる「でも」「しかし」「俺は」に続く言葉に失望し、怒りすら出てくるものです。

わかって欲しい、がんばって欲しい、耐えて欲しい、、、夫にです。

誠意をもって手を差し伸べたのに、不機嫌になって手を振り払う妻に、「苦しかったんだね」とだけささやき、手を差し出し続けて欲しい。


不倫真っ只中で、妻が気がついていなかった頃はさぞかし楽しかったはず。

妻に怪しまれながらも、不倫続行中のときもお花畑だったはず。

そして妻に完全にばれてからも、すぐには終わることができず、さらに嘘で固めていた夫。

信じていたから辛い、苦しい。
嘘をつき続けてまでも女と離れなかったのは、
夫は自分より女のことを愛していたからに違いない。
夫は自分より女のことが大切だったに違いない。

夫は女と会っていた時、妻のことをどう思っていたのか。

夫が女と過ごした時間、
夫が女に使ったお金、
夫が女にあげたプレゼント。

真実を知りたい。
知ったからどうなるものではないし、
また怒りの感情が爆発してしまう。

本当のことを聞いても、辛い、、、。

であれば、

全ての記憶を失ってしまいたい。

そこまで妻の心を痛めつけていたこと、破壊させたことを、不倫した夫はもっと自覚するべきです。

謝って欲しいのではない。

妻が大切、家族が大事、離婚はしないと言って欲しいのではない。

もう終わったから信じて欲しいと言って欲しいのではない。

私(妻)がなぜ辛かったのか。

わかって欲しい。

一緒になって感じて欲しいのです。

不倫を終わらせられたのは、不倫から夫を抜け出せられたのは、傷だらけになりながらも夫婦を守りたい一心な妻がいたから。

妻を助けられるのは、夫、あなただけです。


浮気、不倫カウンセラーコラム一覧へ



counselor infoカウンセラー情報

浮気、不倫問題カウンセラーKOUNO

〒289-1104
千葉県八街市文違297-162
TEL.043-443-3398
直通.090-2525-7449