本文へスキップ

夫が心から反省し不倫をやめて向き合ってきたら夫婦をやり直せる

夫の不倫問題の解決、夫婦回復へ

あなたを心理面、行動面でサポートします!

コンセプト不倫夫への妻の期待

不倫をやめて心から反省し向き合って欲しい

不倫問題カウンセリング相談室

どんな原因や理由があっても不倫していいはずがない。
そんなに私に不満があったなら、はっきり言えばよかったのに。
それすらしないで不倫に逃げて、いざばれて問い詰めたら、
そもそも夫婦はこうだった。私(妻)はああだったと私の悪かったことばかりを誇張して言われても腑に落ちない。
夫の指摘に対して私にだって言い分があるし、夫の誤解、勘違いもあるのだから。

それよりも、もし不倫がばれなかったらどうなっていたのか。
夫はずっと私に嘘をつき続け不倫していたはずだよね。

そんな思いが妻には根強くあるわけですが、
夫が嘘をついていたことは申し訳ないと謝ってきても、
浮気、不倫についてはなんの謝罪もない。
このような状況の方も多いはずです。

また、夫にまだはっきりと問い詰めていない妻もいます。
妻はあやしんでいる素振りや言葉をかけたことがあっても、
夫は、妻が確たる事実まで知っているとは思ってなく、
ばれてないと高をくくっている夫も少なくありません。
この先、夫に不倫のことをどう切り出したらいいのか。
不倫を終わらせるために、不倫相手に対しての行動はどこまで行使するべきか。
妻はいろいろと悩みます。

いずれにしても妻としては、
まずは夫が不倫を認め心から反省すること。
そして不倫は終わりにし、夫婦関係の修復に向けて努力したいと夫が向き合ってくること。
そんな期待があるわけです。

しかし実際はどうでしょう。
なかなか妻が期待するような夫にはならない。
夫が自ら自覚して不倫を終わらせることは難しいと妻は失望し、諦めてしまいます。


なぜ夫は妻に歩み寄ってこないのか

夫婦関係カウンセリング相談室

妻に嘘をついていたことは謝ってきても、浮気、不倫したことに対しては、はっきり謝らない夫、曖昧な態度の夫が多いと言いました。
夫のほうから歩み寄ってくるべきなのに、どうしてこんな態度のままなのか。

そのようなとき、不倫が始まる前の夫婦関係はどうだったのか。
一旦冷静になって振り返って欲しいのです。
何かしら夫婦に問題点がなかったか。
あの頃、夫はどうだったのか。妻はどうだったのか。
小さな衝突や大きな喧嘩などはなかったのか。
またその原因はなんだったのか。
妻にとっては、そんな程度のことでという思いはなかったか。
かなり昔にあった夫婦の問題だったけど、あの時解決したと思い当たることはなかったか。

二人は法律によって結婚した夫婦であるから関係性、繋がりは絶対的なものという思いはなかったのか(そう思ってはいけないという意味ではありません)。
夫婦はお互い協力し合い、役割分担し、責任をもって家族を維持していかなければならない。
お子さんが家族に加わり、夫婦のカタチも変わってくるものですが、そのような時期から夫婦はどうだったのか。
カウンセリングではどこまでも昔にさかのぼっていただき検証します。

不倫問題は、今起きている不倫の事実にばかり目が行きがちですが、不倫が起きる前の夫婦関係に様々な原因、理由が隠されていることがあります。

不倫した夫に対しては、結婚前もですが、もっと以前の幼少期から、夫の父母の部分まで触れると、夫自身の心の問題にも影響されていることに気づくことはあります。
でも、そんな気の遠くなるような過去や妻がかかわっていない問題点を指摘されても、妻はぴんときませんし、どうすることもできませんよね。

でも実際、カウンセリングで詳しくお話をお聞きしますと、結婚してからの夫婦関係や〇年前頃からの夫婦関係に、妻がそこまで重大だとは感じていなかった問題点に、私自身が気づくことは往々にしてあります。

それを証明する理由としては、後々夫が私が指摘するような内容を妻に言ってきた。
不倫した夫のカウンセリングで私に吐いてきた事実が物語っています。
もちろん思っていても妻に言う、言える夫ばかりではありません。

さらにその夫婦関係の問題点はひとつとは言えず、多因子にわたることは多いものです。

ここはシンプルに捉えて欲しいのですが、
夫が浮気、不倫するということは、妻に何の不満もない、大きな不満はない、むしろ夫婦関係はいい場合かもしれないなかで、夫自身が無性の浮気症、女好きだったからした。
または、妻の出産前後などとか、出張や単身赴任や、ちょっとした出来心から、ばれなければ浮気、不倫程度は問題ないからした。
もしくは夫の性癖で、どんな妻であっても、結婚相手一人では満ち足りない人だった。
だからこんな問題が起きたということも考えられます(これらを前者とします)。

もしくは、夫の立場からですが、夫婦関係や妻にも原因があって、外に向かった。
妻のことが嫌いになったり、もう離れたい、離婚したい気持ちにもなって外に女をつくった(これらを後者とします)。

要するに夫自身の問題によるところが大きいのか、
夫婦関係の問題によるところが大きいのか。
それらが複合している場合もあります。

そのなかで、私がカウンセリングで気づくことが往々にしてあることが、
実際に後者だから言っているのです。
もちろん前者も多いです。ほんとふざけた前者のような浮気夫も後が絶ちませんが、本日お伝えしているのは後者のほうです。

妻にも言い分はあるはずです。妻だって夫に言いたい事や不満はあるでしょう。
もっと突っ込んで言えば、この夫も妻にもう少し違う向き合い方をしていれば、いやもっとはっきり言いますが、この夫とは違うタイプ、違う価値観の人だったなら、ここまでの問題にはならなかったかもしれません。

ただし、妻が結婚して一緒に生活を送っている人は、妻が選んだこの人です。
この人となら人生を供にしていきたいと選択したことは事実です。
お互いはそもそも他人であり、産まれも育ちも何もかも違う人間です。
ですから、夫自身の心がどう感じようが、妻に何を期待してどうありたいかという気持ちを妻はコントロールできません。それは妻の心を夫がコントールできないのも同じです。
妻との温度差が大きく、すれ違いが大きかったのでしょう。
またそれは、あの頃気づいて意識すれば回避できることだったかもしれません。
よくよくお聞きすると妻自身もひしひしと感じてはいるから、妻も過去の(現在もそうである方は多いのですが)夫婦関係の問題点に、今となっては気づいている方も少なくありません。

だからと言って、外に女を作っていいとはならない。
法律婚による夫婦である以上、不貞行為は許されることではない。
それは確かであるし、
離婚して一人になってすればよかったのにと言いたくもなるものです。

でも、夫からすれば、もはや自分は妻から一人の男して必要とされていない。
自分の存在価値は、家族の主として責任を果たすこと。
子供がいるから、家を買ったからと、妻は俺のことが好きで一緒にいるわけじゃない。
例えば夜の生活にしても、妻とできなければ外で満たせばいいってことか。
そんなふうにも感じられる。

つまり夫としては、嘘をついたことは悪いと思っているけど、
外に女を作ったことは、悪いとは思っていないという気持ちなのです。
もちろん、不倫はいけないことだと理解している はあります。
でもそれは表面的な部分。
心の底では、あんな夫婦の状態なら、こうなっても仕方がないよね。
というのが夫の心に根強くあるということを受け止めてください。
この気持ちの酷い状態だと、
俺は受け入れてもらえなかった。
俺は拒絶された。
俺は居場所がなかった。
俺は捨てられた。
こう思う気持ちは夫の勝手であり、妻にはどうすることもできないということで、
100%虚言で言うはずがないだろうから、何を指して夫がそう感じているのか、思い当たる節はあるのかということです。

だからもう一度ここで言いますが、
そんな夫婦関係の夫と妻だったなか、こんな心の状態になっている夫が、

不倫を心から反省し、やめて、夫から妻に向き合ってくるものなのか。

ほとんどの方はこう思うはずです。
「そんなんだったら、無理だわな」と。

じゃあ、反省もしていないし、やめてはいないから、女を叩き、排除するべきか!?
強制終了しかないだろう!

もしこの状態でそんな行動をとったら夫は出て行くかもしれませんよ。
もしくは完全に背中を向けて、妻とは絶対に無理という気持ちに拍車がかかるだけで、問題をもっと深刻にするようなものです。

いずれにしても、こんな夫の状態で自分で自覚して反省して妻に歩み寄ってくることは期待できません。
また、妻の期待通りにならないから、戦闘モードで向かっていくことも何の解決にもならないでしょう。

だから、私はこう考えているわけです。
妻が拘っている夫に対するその前提条件をいったん手放してくださいと。


妻がこだわっている前提条件を手放すべきです

夫の不倫問題のカウンセリング部屋

妻がこだわる前提条件を取り払うことです。
まずは夫が不倫を認め心から反省し、きちんと終えること。
であれば私(妻)は夫に対して気持ちを入れ替え、夫婦関係の修復に頑張りたい。

この意識のままでは、夫が不倫をやめたいとは思わないでしょう。

不倫した(している)夫の気持ちなんてわからないし、理解できなくて当然ですが、
これでは夫は夫で、「妻は俺のことを何もわかっていない。妻とやり直せる自信はない。」
そんな思いをよけい膨らませるだけです。

もし、「わかった、彼女とは終わりにする。」などと言ったとしても、嘘の場合が多いでしょう。
そんな簡単な話ではないのです。

カウンセリングでは個々の問題に対して詳しくお伝えしますが、
妻は妻で自身の問題点を認め、夫に告げる勇気は必要です。
そこは妻が折れるということですが、
あなた(不倫夫)が先にこうするべきを手放しましょうということです。
私はこうだから、あなたはどうなのか とか、
私はこうだから、あなたもこうしてとか ではないのです。

夫自身、本当に妻のことが嫌いになったわけではありません。
夫自身もどうしてよいかわからない場合も多いのです。
妻の言動、態度を見ていれば、
こんな俺(夫)とほんとうにやっていける自信があるのか?
嘘じゃないか?くらい感じております。
ただ離婚したくないだけ、今の生活を維持したいだけだろうと。
なかには、妻の出かたをうかがっている夫もいます。

妻のほうが身も心もダメージは大きいのですが、
不倫夫も夫で精神の波は大きい状態で安定なんてしておりません。
こんな状況になってしまい、妻は夫にはっきり言っているのでしょうけど、夫は妻の本音がわかりません。

夫があいまいな態度をしたり、キレたり、なんだか煮えくり返らないのはそういうことです。

不倫をまずはやめさせたい思いで強制終了という言葉もよく出てきます。
不倫を強制的に終わらせて、夫が心から反省して妻に向き合ってくることはないとは言えませんが、私に相談される方のケースの中では一部です。
むしろより深い水面下に潜るのが関の山だと言えるでしょう。

だからと言って、不倫を放置してとか、蓋をするというわけではありません。
また、不倫が終わってもいないのに、夫婦関係の修復に努力しましょうとも言っておりません。
夫婦関係の修復は、不倫が終わっている(終わりかけているなど微妙な場合も含め)状態でなければなりません。

不倫を終わらせて、健全な夫婦関係を築きたいのであれば、
夫に期待しない、
すぐの結果を求めない。
不倫が終わることがまずは先という意識を捨てること。
夫のことを信じなくてもいい、許せなくて当然で、
その心の問題なんてもっと先の話だから、それも今は無理しないこと。
夫婦間で何が問題点だったのか。その事実を自分のいいように捉えず、真摯に受け止める。
それと妻は妻なりに夫に求めているもの、期待したいことがあるように、
夫も夫で妻に求めているもの、期待したいことがあることを知り、そこにも向き合うこと。
それをもっと掘り下げていく必要があるのです。

とにかく今の状態が辛い、苦しいから早く抜け出したいと我慢できずにとった行動によって、新たな問題が降りかかってきて、もっと苦しんだり、堂々巡りが長くなりかねません。

落ち着いて一考してください。

カウンセラーコラム一覧


counselor infoカウンセラー情報

浮気、不倫問題カウンセラーKOUNO

〒289-1104
千葉県八街市文違297-162
カウンセラー
直通.090-2525-7449