本文へスキップ

本物の恋だとダブル不倫している真面目な夫

夫の不倫問題の解決、夫婦回復へ

あなたを心理面、行動面でサポートします!

コンセプト不倫で終われなくなる夫

本物の恋だと勘違いしているw不倫

ダブル不倫夫と相手女性

恋は盲目。
もうあなたしかいない。
これは本物の恋なんだ。
そう思っている二人。
それもお互い配偶者がいるw不倫者同士であればどうでしょうか。
勘違いも甚だしいし、不倫がそこまで言わせる副作用って凄いものです。

ただ、w不倫している二人も人間ですから、気持ち、感情はあります。
どう思っていようが、どんな発言をしようが、自由ですし勝手です。

それは不倫がばれたとき、不倫を自白する羽目になったとき、
「好きな人がいる」、「彼女は大切な人」、「一緒になりたい女性」
とまで言い放つ夫も少なくありません。

妻を目の前にして、よくもそこまで言い切ったと呆れますが、このようなことを真剣に言うわけですから、いかに恋愛気分に浸っているかおわかりでしょう。

とくにです。浮気、不倫は初めてなのは当然ですが、恋愛経験がない、乏しい人たちほど、そのはまり方は凄まじいものです。



不倫にはまる恋愛経験が少ない夫

ダブル不倫夫と家族

まさか自分が不倫するとは思っていなかった。
今となっては確信的不倫夫なのですが、夫はこうも思っていました。

同じ職場の女性、取引先の女性、お客だった女性と、たまたまのタイミングで親密になったり、
同窓会、結婚式で再会した女性と連絡をとりあい、いつしか親密な関係になったり、
彼女と出会って不倫が始まったことは運命のいたずらか、これは恋のなのかと高揚感に浸っている夫たち。

恋の始まりは、幾つになってもドキドキはらはら、ときめくものです。
突然やって来た春の訪れに、よけい高揚感を感じるはずです。
この衝撃は妻と知り合い恋愛していた頃以来だと感じたり、
あの頃よりも刺激的に感じている夫もいるでしょう。
その後、体まで繋がった。
婚外恋愛は初めてどころか、恋愛経験すら少ない、
もしくは妻以外の女性を知らずに結婚した夫なら、
真面目に不倫恋愛にのめり込む夫になりかねません。
風俗での経験以外は縁がなかった夫たちにも言えます。

恋愛経験が多いほうがよいと言っているのではありません。
「生涯、妻(夫)だけです」は誇れることではないでしょうか。

ただ、そんな夫(妻)が浮気、不倫に走ってしまうと、遊びのままで終われない。最初は割り切っていても段々と割り切れずに、真剣に相手に向き合う危険があると言いたいのです。


さて、こんな夫たちが不倫恋愛にはまってしまったのは、
これまで恋愛を満足にしてこなかった反動で、恋をしたかったのか。
違うでしょう。
あの頃、妻に大きな不満がなくても、セックスレスでなくても、他の女性はどうなのか。
そんな好奇心はあったはず。
そしてたまたま近く(職場関係)に居たり、再会したり、出会ったりと、
そのたまたまな女性と、たまたまな状況に置かれたり、
そのたまたまな相手が自分に興味、関心を寄せてきたりと、条件が重なり、起きてしまったこと。
発端はそうだったケースが多いと感じてなりません。

関係の進展性は二人によって様々ですが、すぐに不貞関係にならなかった二人もいるでしょう。
ただ、一線を越えてしまったなら、そして2回、3回と不貞行為に及んでしまったなら、
「彼女とはこの先、続けていきたい。」という思いは強くなっていくはずです。
妻以外の女性とのセックスによって、受けた衝撃は半端なかったわけです。

セックスの相性がよかった。
妻では満たされていない(セックスレスもある)なか、不倫相手とのセックスで身も心も救われた。
他の女性とのセックスによって、これまで感じたことがない刺激を得られた。
不倫はセックスだけとは言いませんが、
このような要因によって、いつまでも関係が続くことは少なくありません、
要するに恋愛不慣れ、女性経験がない夫の下半身が開花されてしまうのです。

恋愛経験の少ない(ない)人が浮気、不倫しやすいということではありません。
だって、しない人はどんな「たまたま」の条件が一致しても、しないから。

もし、そういう夫が不倫なんてすると、どうなりやすいかを言っております。
周りが何も見えなくも、聞こえなくもなり、暴走するリスクがあるのです。


最後まで真面目に恋愛!?を貫く夫

w不倫夫のカウンセリング

「不倫恋愛の罠にはまったね」と私は言うことがあります。
不倫されている妻は、夫の様子にかなりの本気度を感じている方も多いでしょう。
それは、大きな勘違いと激しい錯覚により、本物の恋だと思っているほど不倫恋愛にはまっている状況なのです。

ばれても最後まで隠し通さない。
隠さないどころか、問い詰められたら自白してしまう。
それも妻の逆鱗に触れること、腹が立つことを平気で言う。
そして相手の女性も自分と同じ気持ちであるかのように言ってくる。

自分が受ける不利益は受け入れるとか、会社に、親に、世間にどうパッシングされてもかまわないなどと開き直ったかのような発言もこの手の夫の兆候です。

で、それに輪をかけて、不倫相手も恋愛経験の乏しい(ない)女性だった。
旦那さんしか知らなかったという女性。

となると、、、

ダブルで罠にはまってしまうリスクは大です。
つまり不倫のままで終われない。
そうです、ケジメをつけるため離婚して一緒になることを真面目に考えている。
どちらかが流されている場合もあるかもしれません。
でも、不倫相手の女夫婦も関係が最悪で、離婚したがっている女もけっこういます。
この不倫が女の背中をさらに押し、不倫はばれるわ(旦那さんに自白するわ)、もう離婚してくださいと迫る妻になっている不倫女はけっこういます。

自分たちの関係は本物の恋だと勘違いさせているパワーは凄まじいものです。

こうなってくると妻に対しての罪悪感ではなく、不倫相手の女に対して罪悪感を抱いている夫です。
俺が彼女を離婚に向けて背中を押した。
こうなったのは彼女ではなく俺に責任がある。
それとやはり、彼女は俺のことを第一に考えてくれ、必要としてくれ、愛してくれるという思いを受け止めているので、彼女を裏切ることはできない。
悪い男にはなれない。
そして、自分も彼女が必要で、愛している。

だからどうしても、この恋は成就させなければならない。
真面目な夫だから、不倫相手に対して責任を感じて、筋を通そうと思っているわけです。
別居しても、離婚しても、妻や子供に対してできる限りのことはすると言ってくる夫もいます。

でも、、、実際、女のほうにも事情がある。
先にあげた、自分の旦那さんに不倫がばれ(自白して)、離婚を迫る不倫妻ばかりではありません。

彼(不倫相手)は好きだし、失いたくはない。
離婚して一緒になれたら幸せになれるかなと思うことはある。
でも、現実と恋愛とは別次元。
彼にも奥さん(や子供)がいる。
彼が本当に離婚なんてできるのだろうか。
また、私だって旦那に離婚を迫っても、離婚してくれないだろう。
こちらの夫が本気で恋をしているつもりでも、相手の女が割り切っていることもあるし、
その逆もあるでしょう。

でも、どうなるかは今の状態だけで判断するのは浅はかです。
この不倫には、夫、女、そして私(妻)に女の旦那さんもいます。
これまでの経緯、状況、さらに夫の幼少期から、20代の環境要因まで把握すると、いくつかの矛盾点を見つけることはあります。
どんなことが起きていたのか、この状況だとどうなりそうかがわかります。

純粋に不倫恋愛にはまっているから、引っ張り出すのも大変ですが、
その勘違い、錯覚を少しづつ削いでいくことが必要です。
相談者様も固定観念を捨てて、夫に向き合う忍耐が必要とされます。

そのw不倫の熱愛。
不倫相手に責任を感じ、もう後に引けないと本気度がさく裂していますが、
そのうちわけがわからなくなり、破局になることもよくあることです。

でも、それは妻の力が働いたからなのです。

コラム一覧へ


counselor infoカウンセラー情報

浮気、不倫問題カウンセラーKOUNO

〒289-1104
千葉県八街市文違297-162
カウンセラー
直通.090-2525-7449