本文へスキップ

不倫夫が妻に求めること|カウンセラーコラム

夫の不倫問題の解決、夫婦回復へ

あなたを心理面、行動面でサポートします!

コンセプト夫が妻に求めること

浮気、不倫した夫が妻に求めること

夫婦カウンセリングする相談者

不倫を終わらせたい、
不倫が終わっていないのであれば、
過去に戻ってみる、振り返ってみることは重要です。


不倫していなかった頃の夫と妻の関係性はどうでしたか。

不倫が始まり、まだばれていない頃の夫と妻の関係性はどうでしたか。

妻が不倫をあやしんだり、確信したが、問い詰めず、
疑心暗鬼な状態で悶々としていた頃の夫と妻の関係性はどうだったのか。

不倫がばれた後の夫と妻の関係性。
そして、不倫に対して妻が何かしら行動を起こした後の夫と妻の関係性。

さらに、不倫が終わった(終わっただろう)後の夫と妻の関係性。

浮気、不倫にもいろいろなケースがありますし、夫婦関係も様々です。
夫婦がどの段階に置かれているかも相談者様によって様々です。

その様々な段階のなか、不倫が発覚して明らかになり、
妻が夫に、彼女に連絡して。会わせて。
夫は妻に、彼女と別れる。もう会わない。
とか、
もう無理、離婚だ。
などと、夫婦間でやり合う頃からの妻の苦悩はとくに大きいはずです。

夫と夫婦を続けていくことは難しいのか。
いずれ離婚になるのだろうか。
夫は不倫相手と別れるのだろうか。

妻はこれから先のことが心配で、どうなってしまうのか不安でたまらない。
先ばかり見て、冷静になれず焦ってしまう。

もう一度立ち止まって、これまでを振り返ってください。
問題解決の糸口が明らかになるかもしれません。


過去は変えられないが、客観的に受け入れるべきです

夫の浮気相談する妻

妻の苦しみがより増すのは、不倫が明らかになり、夫と話し合いをした後です。
何を言っても通じない。どんなに正論を言っても響かない。

「もう限界だ。ずっと我慢してきた。一人になりたい(自由にしたい)。」とか、
「離婚なら離婚でもいい。」と悪態をつく夫。

「彼女が好き。別れられない。」と開き直っている夫や、
「彼女とは別れるから、待って欲しい。」と言ってくる夫もいます。

皆様の夫のなかには、家族は大切だから壊したくない。
これから妻や家族に向き合うと言った夫は多いでしょう。
不倫相手とは会わない、もう会っていない、別れたテイにしている夫たちです。
しかし実際、一度目の発覚後の話し合いで、不倫相手と完全に別れた夫などは、わずかです。

私のところにも、日々、様々な段階の相談者様が相談してきます。
他のカウンセラーに相談した(している)方、
ネットサーフィンして、情報を詰め込み過ぎて、わからなくなっている方もいます。

サイトやブログにこう書いてあるからと言っても、自分自身に当てはまるとは限りません。

あるところは似ているけど、数々の相違点があったり、
同じようだけど、ある一つのことが決定的に違ったりします。

だから、私たちカウンセラーは個々に対して、
どのように夫に向き合って、どう考え意識していけばよいかをお伝えするのです。
本日解説することは、皆様に当てはまるとは言えませんが、
夫婦は無理なのかと諦めている状態でも、夫婦の関係性をよくすることで終わる不倫はあります。

それは、妻が夫にどう向き合っていくかを重要視しています。

もちろん不倫相手のことは、はっきりさせる必要はあります。
どんな人で、夫とどの程度の関係性の女性なのか。
また、妻が不倫相手に対してどこまで関わってきたか。
不倫発覚後、相手に対して何か行動をとったのか。
そして、どういう状況になっているか。
そういうところにも注視しますが、
夫が不倫相手を選択しようとしているのか。
それは考えられないことか。
夫が夫婦(妻)に何を思い、どうしたい。
よく耳にする「夫はどういうつもりで不倫していたか」には、注視します。

そうしますと、妻が思っていなかったことが明らかになったり、
妻が深読みしたことが、そうではなかったりする。
夫と不倫相手の表面的部分はそうであっても、深層部分が違うことは往々にしてあり、
そこを見抜けないと問題解決を困難にします。

夫が、妻とは無理、もう限界だと言っても、
男でいさせてくれ、いろいろな部分で自分(夫)を認めている不倫相手。
いっぽう、自分(夫)のことを理解しない、認めない妻だと感じていたから、
そんな妻に責められたら、そう吐きたくなるわけです。

妻だって、夫に暴言を吐かれ、酷い態度をされ続けられたら、
こんな夫とやっていく自信がない。
もう離婚した方がいいのか。
そう思ってしまう。
でも、離婚はしたくない思いも湧いてくる。
となると、何としても不倫を終わらせることが先決だ。
そのために何をするかの方法論の道にさ迷っていく。
もしくは、勢いで感情的に行動をとってしまう方もいます。


妻の向き合い方次第で不倫が終わるのか

夫の不倫のカウンセリング相談者

不倫を終わらせることは何か!?
まずは不倫相手の排除だ!に、ロックオンしている相談者様。

夫と不倫相手がダメージを受けて懲りることはあれか、これか。
不倫相手に行動を起こすことを優先して考える妻は意外といます。

そのような相談者様に対して私は、どうしてそこまでする必要が今、あるのかと感じてなりません。

離婚を回避して、浮気、不倫のない、いい夫婦関係を築きたいのであれば、
その関係を誰と築くのか。
夫に対してその思いをもっと出して欲しいのです。

この先不安だし、急に離婚を言われても困る。
だから今は離婚しない!
子供がいるのに離婚できるわけない。
離婚するもしないも、彼女との関係をケジメをつけることが先!
離婚したいなら、〇千万払って!や、仕事(事業)をやめなよ。

ではなく、

あなた(夫)と一緒にいたいから離婚は考えられない。
が、夫に伝わっているかです。

そのためには、夫婦関係がどうだったのか。
夫が妻に対してどこまで負の感情を抱いていたかにもよりますが、
妻が夫に伝える内容、伝え方はカウンセリングのテーマです。

夫の反応に一喜一憂せず、きちんと響くように伝えることで、
立ち止まって考え込んでしまう夫たちもいます。

妻は、お金のため、経済的に不安だから。
子供が最優先だから子供のために、、、

確かにそうです。当然です。否定はできない方もいるでしょう。

だから夫は言う。
お金は出す。子供のことはサポートすると。
経済的に困らなければ、別に俺(夫)はいなくてもいいのでは。
夫には、そのような妻に映っていたのです。

妻が離婚したくない理由はなんだろう。

いまさら自分(夫)に気持ちがある。
スキンシップも必要、私だって女だからと言われても、疑心暗鬼になるかもしれません。
それもですが、
夫を必要だと言い切れていない。
そこまで伝わっていない。
表面的な心無い夫の言葉に失望してしまう。

「言っています」「言いました」であっても、
自分(妻)はこうだったからと、理由付けが多い。
まだ嫌われてもいい感じで言っている方もいる。
妻の負けず嫌い、プライドも邪魔している。

カウンセラーが注視しているのは、
妻とは無理。もう離婚しかないだろうとまで思っていたなか、
「でも、妻がこうなってくれたら、わからない。どうして妻は、、、!?」
と思っている夫たちがいることです。

いわゆる、浮気、不倫をした夫が妻に求めていたことです。

それはカウンセリングで明らかにしていきます。
妻たちに共通する内容もあるし、個々に違う内容も出てきます。

妻だって夫に、「こうであって欲しい。あなたもこうあるべきだった。」は、あるでしょう。

でも、不倫問題が発覚し、これまで気づかなかったことがわかり、
どこまで受け止められるかですが、
相手に変化を求めたり期待するより、自分が先に変わるべきです。
そのほうが現実的で、上手くいきやすいからお伝えしております。

浮気、不倫したのは夫です。
それはいけない行為という前提で言っておりますが、
妻が先に向き合い方を変えれば、
ボディブロウのように段々と効いてくるケースもあるのです。

しかし、その過程は夫婦関係の修復ではありません。
だって、不倫相手と完全に終わっていないのだから。

コラム一覧


counselor infoカウンセラー情報

浮気、不倫問題カウンセラーKOUNO

〒289-1104
千葉県八街市文違297-162
カウンセラー
直通.090-2525-7449