本文へスキップ

不倫した夫を信じることができるのか

夫の不倫問題の解決、夫婦回復へ

あなたを心理面、行動面でサポートします!

コンセプト不倫した夫は信じられない

夫を信頼できないから辛い

不倫夫と妻と家族

不倫した夫は信じられない。
信頼関係がことごとく崩れ去り、夫のことを信じることができない。
これから信じることなんてできるのか。
カウンセリング相談者様の多くに共通する問題の一つです。

不倫は絶対にいけないことだし、私(妻)に対する裏切り行為。なのに、夫はずっと嘘をつき続けていた。
そんな夫に信頼関係を取り戻すことは無理だろうと思えてしまう。
だから夫に辛く当たってしまうし、激しく責めてしまうもの。

夫は不倫相手と水面下で続いているのではないか。
いずれまた浮気、不倫するのではないか。
そんな不安も根深く残っている状態です。

日本全国見渡せば、「私は不倫した夫のことは絶対に許しません!」と、思っている方もいることと思います。
「不倫した夫を許す必要なんてない」と言う方もいます。

夫婦関係がどうであろうと、許さない。
だからと言って離婚しない。
離婚するときは私が決める!
責任を最後までとるのが夫の責任だ
そのお気持ちもわかります。
でも、このような気持ちのままで夫婦関係がよくなるはずがありません。

一緒に居て幸せなのか?ということです。
これからの人生を有意義に過ごせるのかには大きな疑問です。

夫婦がお互い割り切って、それぞれ役割分担して生活していく。
一定の距離をおき夫婦を続けていく。
相手に期待するべきもの、求めているものは、気持とか愛ではなく、お互いの立場での役割分担、責任というもの。
夫婦だから裏切らずにそれを満たしてくれればいい。
そんな気持ちに近い方もいるはずです。
不倫なんかした夫ならば、よけいそう感じても仕方がないかもしれないですよね。
だって、不倫は裏切り行為。裏切った夫は二度と信頼できないのだから。

ただ、そうは思っていても、夫のことを信じることができるのか という言葉が出てきたりします。

では、どうすればいいのか。
というか、
どういう風になれば、不倫した夫を信じることができるのだろうか。


夫を信じるためには自信を取り戻すこと

不倫した夫を信じられない妻

妻が自信を取り戻すことなのです。
以前の、もっと昔の自分を思い出してください。

こんなに自分に自信がなく、ふさぎ込んで、泣いてばかり。浮気、不倫するような男に弱音を吐くような女なんかじゃなかったはずです。
不倫相手と自分を比べ、自分は劣っていると根拠のない想像を膨らませ、自虐的になったり、絶望感を漂わせている方もいますが、自分の考え方まで自信をなくし、間違っていると感じてきているくらいです。
まずは立ち直ることが必要なのです。

でもいくら自信を取り戻すといってもそう簡単にはいきません。
今抱えている不安なこと、ひとつひとつに向き合って、正しく認識できるよう修正してくことも必要です。
その中には夫が不倫しているという問題があります。
不倫関係が解消できなければ、本当の意味で妻が自信を取り戻すことにはなりません。
でも、不倫に終止符が打たれなければ妻に自信が戻らないとも言い切れません。

不倫真っ只中であっても、一旦落ち着いて冷静になる。
そして不倫の現状を正しく認識して、自分は間違っていない、そこまで悪くないなど、少しづつ不安を取り除いていく作業は必要です。
ですから、この段階で適切なカウンセリングが必要で、そのカウンセリングは、どうしたら不倫を終わらせることができるのかという現実問題を直視していることが重要です。
自分に自信を取り戻すため、心、気持ちのもっていき方、考え方ばかりに特化しますと、以前より心の安定の維持はできますが、肝心な不倫問題はそのままです。
夫の不倫に蓋をしたままではダメだということです。

妻が自信を取り戻すということは、夫と不倫相手の関係が終わった。
もしくは関係が継続することが難しい状況に追い込まれ、切れるのは時間の問題か。
そういう状況でなければなりません。

妻が少しずつ自信を取り戻せば、覇気、元気、そして勇気が出てきます。

そして次。
自信を取り戻し、覇気、勇気が戻ってきたとします。
繰り返し言いますが、夫の不倫はどこまでの状況かわかっていますよね。

終わったテイでいるけど、どうなのか。
夫のことは信頼できないから、まだまだ疑心暗鬼です。
夫のことを信じられない、そして許せないはあるはずです。
本当に終わっているなら信じよう、許そうという気持ちでしょうか。
でも、その気持ちはわかりますが、終わったと証明できるとは限りませんから、不倫が終わっていたとしても、信じられない、許すことができない気持ちは続きます。
だから苦しい。
今回はこのことを言っているのです。

そこで必要となる自分の気持ちをもっていく方向は、許さない、許せないではなく、
許す、許してみよう ということです。

えっ!何を言っているのかと聞こえてきました。
だから、自分に自信が戻っていて、勇気がついていなければ、そんな気持ちにはなれないって話なのです。

それと、きちんと不倫問題にも対峙して、終わらせていますか?
しっかり水面下なのに、許す、許してみよう もないですよ。

でも、許す、許してみようもかなりの勇気が必要です。
だって、私は不倫されたという被害者意識があるから。
私は悪くない、悪いのは不倫した夫だからがまさにそうです。
もちろん不倫した夫は悪いです。それは否定しません。

ただ、不倫が始まる前の夫婦関係において、された妻にも反省するべき点はおおいにあったと思っている方。
例えば、夫のことを男としてみれない。嫌悪感があった。
セックスはもうなくてもいい、外でしてきてもいいし、風俗でも行けばいいくらい思っていた。
拒否したこともあった。
夜の夫婦生活以外でも夫を拒否したり受け入れない態度もとっていた。
夫とは子供の父と母という関係でいい、家族としての責任を果たしてくれればいい。
妻の関心はお子さんにばかりだった。
そんななか、夫は妻を女として見ていたし、妻に気持ちがあった、愛もあった。
もっと自分(夫)の方にも向いて欲しいという思いだった。
でも、妻はあなたは子供か、私はお母さんじゃないしって捉えていた。

どのような状態かおわかりでしょう。
でも、夫婦ってそんなものよって思われるのであれば、大きな間違いですし、少なくとも今のご主人との関係性は前途多難と感じてなりません。
極端なケースですが、これに近かった方は意外と珍しくもないのも事実です。

被害者意識を捨てるためには、夫の不倫は、妻である自分にも何かしら原因があった。
要するに不倫したあなたがすべて悪い、私は悪くないという気持ちを捨てて、こんな夫にしてしまった私にも幾分責任はあるわと受け入れることでしょう。
被害者は妻であり、夫でもあった。夫でもあり妻でもあった。
そういう意識を持って欲しいのです。

ただし、夫の不倫はそもそも夫自身の問題であり、妻にはどうすることもできないものだった場合、この限りではありません。
それと、むしろ被害者意識を持たなければダメ、持つことが妻の自信を取り戻すことに繋がる方もいます。
このような方に対しては、ここまでお伝えしたこととは違う説明が必要となってきますのでご容赦ください。


夫を許す、許そうという気持ち

不倫した夫を信じる妻

許さない、許せないではなく、許す、許してみようという勇気です。
許して信じて、また裏切られ、もうあんな苦しい思いをしたくない。それが妻の気持ちですよね。
だから自分に自信が戻ってきて、勇気が出てこなければ、そんな気持ちになれるわけがないのです。

そしてハードルが高いことを言いますが、夫を許そう、許すは、無条件である必要があります。
〇〇だったら、〇〇してくれたら私は許すということを否定します。
条件をつける、つけたい気持ちはわかります。保険をかけたい気持ちは重々理解できますが、これまで不倫問題にも対処してきたはずです(それを前提として本日の話がありますからね)。

夫婦関係のほう、自分の気持ちのもっていき方に矛先を当てる段階では、無条件での妻の気持ち、大げさに言えば、条件をつけない妻の愛を注いでほしいのです。

それには被害者意識を持ったままだと、難しいと言っています。
妻にある被害者だという意識を捨てることができると、今までこだわってきたこと、譲れない、許せないって感じていたことが、逆にどうでもよくなってくる。

自分自身は夫に対しても、不倫問題に対してもやることはやった。
けっして水に流したわけじゃない。不倫に蓋なんてしていない。
夫に対して向き合うことに対して、頑張ってやってきた。
そのうえで、水面下に潜ったり、また浮気、不倫するのであれば、もはやこれは夫自身の問題。
もう妻の私にできることはない。

だって、夫の首に首輪をつけて行動を制限したり、縛りつけておくことも、
夫の心に鎖を巻き付けて夫の気持ちをコントロールすることも無理です。
そんな状態なのに夫婦関係の修復とか再構築も何もない。
無理やり、強引に引きづること、向かわせることが、果たして幸せか!?
こんなのは普通じゃないよね。
そのくらいでんと構えられるようになって欲しいのです。

自分に自信と勇気がなければ、でんと構えることも、許してみようと思うこともできません。
ここまで自覚できない夫を追い求めている、なんとか変えようとしている自分が情けないと思えてきたらだいぶ妻も回復しています。

そんな妻になることで、徐々に夫も態度や言動が変わってくる。
夫への自覚を促したり、夫自身が改善するきっかけとなったわけです。

そんな手応えを感じ始め、夫のことを信じてみよう、信じることができそうにやっと繋がっていけるものです。


いろいろ言ってきましたが、不倫した夫のことを信じる、信頼できるようになることは、いかに難しいことなのかおわかりかと思います。

それと今一度強く言いますが、「不倫は終わっていること」、もしくは、「終わっていると信じたい」を確信しているかを置き去りにしないでください。
許すも、被害者意識の放棄も、信じるも、夫の不倫が終わっているか、、、ありきです。
(完全に終わっていない場合は往々にしてありますが、そこまで対処できていれば、本日お伝えしていることに該当すると考えています)。

不倫した夫を信じることが難しいのは、
それだけ不倫は今まで築きあげてきた夫婦の信頼関係を崩壊させ、
妻の心に果てしなく大きな傷を負わせた問題だったからです。


counselor infoカウンセラー情報

浮気、不倫問題カウンセラーKOUNO

〒289-1104
千葉県八街市文違297-162
カウンセラー
直通.090-2525-7449