本文へスキップ

妻は不倫相手に負けていない|カウンセラーコラム

夫の不倫問題の解決、夫婦回復へ

あなたを心理面、行動面でサポートします!

コンセプト妻は不倫相手に負けていない

夫は私より不倫相手が大切だったはず

夫と不倫相手カウンセリング相談者の妻


私は彼女より下だった。
私は彼女に負けたのです。
そうじゃありませんか?

夫の不倫の事実が明らかになってきて、そう感じてならないご相談者様は多いものです。

彼女のことをどう思っていたのか?
彼女のことを好きだったのか、愛していたのか。
そんなことを夫に問うと、別に好きでもなかった。ただ何となく、、、。

夫のそんな言葉に妻が納得できるはずがありません。

とある相談者様の夫は結婚当初から休日のたびに家にいませんでした。
夫は結婚前の交際期間中から妻と彼女と二股恋愛していたのです。

妻は結婚してから気がついて、彼女の家をつきとめて、乗り込んだのです。
かなりの修羅場になったそうで、彼女は彼(不倫夫のこと)が既婚だなんて夢にも思っていなくて、別れさせるのに相当苦労したそうでした。

こんな不倫をしていた夫でしたが、妻に不倫がばれた後、何の迷いもないくらい、妻を選択、あっさり女を切ろうとしたのです。
しかし彼女のほうは納得しませんでした。
不倫相手の執着と言ってしまえばそうなのですが、結婚まで約束していたわけですから(夫のほうはそんなつもりではなかったと言っていたが)無理もありません。


でも妻には解せないことがあった。

夫は不倫相手と過ごした時間のほうが断然多かった。
夫は不倫相手に色々なものをあげていた。
夫は不倫相手を色々な所へ連れていった。
夫は不倫相手にかなりのお金をつかっていた。

夫は彼女と同じくらい、そこまで私にしてくれたのか。

私とはそこまで時間を共有していない。二人きりで過ごせていない。
そんなものまでもらっていない。
あんな場所にも連れて行ってもらっていない。
そこまで私にお金をつかっていない。

なんだ、この差って!?

ということは、
私は不倫相手より下ってこと?
負けていることだよね。

そう思うと、ほんと悔しいし、なぜこんな人と結婚したのだろうか。
なぜ信じて夫婦をやってきたのだろうかと、思えてなりません。

夫にいくら問い詰めても、妻が納得のいく答えは返ってきません。

本当のところはどうなのでしょうか。


妻は居て当たり前だと思っている不倫夫たち

ダブル不倫している夫と家族


夫が妻と不倫相手とを比べ、女が上で妻が下だと感じているのか。
そんな感情は夫にはないはずです。

夫が常々そう思って、不倫相手とメール、ラインや電話をしたり、会っていたわけではありません。

夫婦喧嘩をしても、不機嫌な態度を露骨に出しても、怒っても、心無い事を言ってしまっても、妻はここに居てくれる、居るものだと信じている。
夫にとってはどんな時でも妻は家庭に居る当たり前の存在だと思っているわけです。

もっとわかりやすく言えば、
もう完全に自分(夫)のものになった。妻であり家族である絶対的な信頼を妻に対して持てている。
そうです、自分は不倫をしているくせに。


しかし、夫にとって不倫相手は違います。
どんな時でも当たり前に居てくれる存在ではありません。
自分(夫)のものではありません。

ということは、やはり夫の中にはどこか不安はある。
掴みどころがない未知の部分がけっこうあります。
知り尽くしている妻よりも、信じられないところもあるし、そもそもこんな関係なのだから、割り切って考えなければと思っている夫たちもいます。

でも相手に対して責任を負わなければいけないと思っていないから、関係を続けていくことで、身も心も至福の快楽を享受できるもの。

不倫相手は自分のものではないから、より一生懸命になる不倫夫たち。
そんな行為に陶酔しながら、これは恋愛なんだと勘違いしている夫たち。

よく思い出してください。
「うちの主人は私と結婚する前、すごいアタックをしてきました。」とか、
「まるでストーカーのようでした。」と言われる妻もいます。
夢中になると突っ走る夫の恋愛感情を知っている妻ですが、今や夫の手中に入り、夫の顔色をうかがっている。

それと夫婦、家庭が安定している状態の時って、浮気に走ることは意外と多いものです。これに仕事がうまくいっており、金回りがよければ、さらに調子にのります。

であれば、当たり前に居てくれる妻をよそに、あれやこれやとお金と労力をかけ、一生懸命に楽しいことを模索する。
金銭感覚も時間感覚も、自分勝手度も半端ない状態になっていますから、不倫相手にしてあげたことの数々は妻からしてみれば、私にはそこまでしてくれていないと感じる方はいるはすです。


夫としては、不倫相手に与えるものを与え、喜ぶ女を見てさらに気持ちがよくなる。
不倫相手からすれば与えられたその引きかえに夫が喜ぶ、気に入られる女になっていればいいわけです。不倫女にとっては簡単なことです。不倫常習犯であれば、よりその心得はあるはずです。

そんな不倫相手に無意識にはまってとち狂っている状態の夫なのです。

だから、そこまで俺は彼女にしてあげた感はありません。もう脳内が麻痺している状態ですから。
よく後になってちゃんと覚えていない。記憶がすっ飛んでいるかの言動なのも、そういうことです。

その時の夫の気持ちに、妻が下。妻が負けと、そんな感情があったからではない。
不倫相手は夫が妻では満たされていなかった部分をそのとき満たしていただけの存在だっただけ。
そして夫がそのとき満たしたかった部分なんて、性的欲求と、高揚感に浸れる恋愛感情。
それもちょっと違う畑に入ってみたかったという思いなだけ。
上か下か、勝っている劣っていることではないことが、おわかりいただけたでしょうか。


自信を失くさないでください。
そして悲観することもありません。
その証として、そう懐疑的な気持ちでいっぱいだったけど、不倫関係を終わらせ、夫も身に染みて自分のしてきたことの愚行を反省し、夫と知り合ってから、ここまで私(妻)のほうを向いてくれたことがないくらい、妻に愛情を注いでいる夫たちだっているのです。

妻は自分を不倫相手と同じ土俵で比べなくたっていいのですからね。

不倫相手は夫にとってかけがえのない女ではない、失いたくないだけの女 も参照してください。


浮気、不倫カウンセラーコラムへ




counselor infoカウンセラー情報

浮気、不倫問題カウンセラーKOUNO

〒289-1104
千葉県八街市文違297-162
TEL.043-443-3398
直通.090-2525-7449