本文へスキップ

終わらない夫の不倫|繰り返される浮気

夫の不倫問題の解決、夫婦回復へ

あなたを心理面、行動面でサポートします!

コンセプト終わらない夫の不倫


夫の不倫の事実を知ってから妻は離婚を選択せず、夫婦関係の回復を目指し、努力を重ねる妻は多いものです。
しかしそんな努力に対して、いつになっても目が覚めず、不倫を終えられない夫。

不倫が発覚したときから釘をさしたこと数知れず、
その後水面下に気がつかなかった期間も長かった。
会っているとあやしんだときには不倫の現場をおさえたときもあった。
不倫相手に会いに行ったりもした。
弁護士ではなかったが司法書士に依頼して不倫相手に慰謝料請求の内容証明を送付し、交渉してもらったときもあった。

そんなことをしているうち、30年間という月日が経過していたのです。


夫の不倫の経緯とは


夫の不倫カウンセリング

「夫はバスの運転手。今も観光バスの運転手をしているはずです。というのは夫とは2年前から別居しているので定かではありませんが、やめていないはずです。」
と、60歳前後のご相談者の妻。

「夫は今から30年くらい前に、20歳そこそこのバスガイドの女性と不倫していました。
実はその女性と今でも続いているのです。
夫の浮気は病気です!当時、他にも何人か手を出していたようです。彼女もその中の一人だったのです。

私も仕事しておりましたし、子育てや家事に忙しかったからちょっと放っておき過ぎたかもしれません。
そのうち浮気も飽きてやめるだろうと軽く考えていたのは事実でした。

たださんざん遊んで浮気していた夫ですが、その彼女とだけは続いていたのです。
彼女と不倫してから多分5〜6年くらいでしょうか、私の知ることとなり、騒いだ時期があってだいぶもめたのです。

夫も不倫を認め、「彼女とちゃんと別れるから」と私に謝罪してきたので、私も夫を信じてきました。そう言えばそのとき私は彼女にも会いました。彼女もことの重大さを身に染みたのか、当時は「申し訳ありませんでした。もう連絡もしませんし、会いません。」と謝罪していたのですが。


夫と女はずっと水面下だった!


水面下で不倫する夫

それ以降、夫はかなり気をつけていたと思います。しかし夫は観光バスの運転手。一度遠方に出かけると3泊4日くらいいなくなるのは普通でしたから、まったく行動がつかめません。

まして不倫相手も同じバス会社のガイドをしていたので、きっと私の目の届かないところで会っていたのでしょう。

私は夫をすっかり信用していたこともありそれからだいぶ経ってからです、夫と彼女の水面下に気がついたのは。

今から5年前のことです。夫が大病を患って入院したのですが、生死をさ迷うほどの病気でした。
手術は成功し、長期入院をしていたときでした。
ある日、私は病室の夫のベッドの下から携帯電話を見つけたのです。
着信履歴、発信履歴、そして送受信メールを開いたら、たくさんのメールが残っているではありませんか。

中身をよく見てみると、なんと全部、彼女とのやりとりばかり。

夫の送信メールには、「早く会いたい」というメッセージの連発。
「夕方の5時頃に電話するから」などという送信メールも入っていたのです。

そう言えば夫が点滴を引きずりながら病院の廊下を歩き、どこに行くのか尾行したら、公衆電話で誰かと電話している光景を何回か見たこともあった。
一回だけ「どこに電話していたの?」と夫に尋ねたら、気まずい顔して「職場の**さんに連絡していた」と言っていたのは嘘だったわけです。

夫の携帯電話を見つけ、妻は「こんな生死をさ迷ってまでも不倫している夫に愛想が尽きました。この男の浮気は死ななければ治らない」と。


夫の不倫現場をおさえた妻


職場不倫する夫

妻は夫の携帯電話を見たことは黙っていました。
不倫の証拠を自分で掴んでやろうかと考えたからです。
また妻は離婚をしたいわけでなく、不倫する夫も離婚を言うこともなかった。

そんなある日、夫の様子がなにか変だと感じた妻は、不倫相手の家に行ってみた。すると不倫相手の家の駐車場に夫の車が駐車されていたのです。
それまで女の家を知っていても見に行ったことはありません。
すると不倫相手の家から夫が出てきたのです。
妻は「ここでいったい何をしているの。こうやっていつも彼女と会っていたんでしょう?」と詰め寄った。
すると夫は「家の内装のことで相談に乗っていただけで、立ち寄ったんだ。それよりおまえはここで何をしてる」とあり得ない嘘をつき自分の車に乗って去っていったのです。
夫が過去、「彼女とはちゃんと別れた。会うはずがないし、連絡もとっていない!」と言っていたことはすべて嘘だったわけです。

不倫相手は家の中に居たはずだった。しかし家から一歩も出てこなかったという。

「写真の一枚でも撮っておけばよかったのですが、気が動転していてそれどころではなかった」と妻は言っておられました。



夫の不倫相手に会いにいった妻


夫の不倫相手

「考えてみれば二人の不倫期間はすごく長い年月ですよね。もしかしたら途中、途絶えた時期はあったかもしれませんが、彼女は人生の一番輝かしい頃から人生を不倫に費やし無駄に歩んできたとしか思えません。
彼女はもう50歳過ぎです。ほんと馬鹿な女ですよね。」

実は妻はこれまでも何回か不倫相手に会ったことはある。妻がどう問い詰めても責めても、「すみません」と言うだけだったと。

しかし年齢を重ねた女は今度はこう言ったという。
妻、「いったい、あなた、どういうつもりなの?」
女、「心の支えです。」

妻、「あなたは自分がしていることがわかっているの?裁判を起こしてもいいの!?」
女、「それはちょっと、、、困ります。慰謝料って言っても、すみませんお金がないです。仲良くやっていけたらと思います。それ以上のことは何らありません。」

この期に及んでまさかの開き直りでした。不倫相手も年齢を重ね図太くなったものです。

ほんと理解に苦しむ変わった女性だと言っていた妻。
もう何を言っても堂々巡りだと。
法律家(司法書士だった)に頼んで彼女に内容証明を送った際も、いっこうに返答がなく無視だったとか。
妻もこんな女に裁判を起こす気にもなれずそのままにしてしまったという。




私は絶対に離婚してあげない!


カウンセリングした妻

実は前から夫は妻に「離婚して欲しい」と催促し続けていたという。
時期的には夫が大病を患って退院後、妻が不倫相手宅に居た夫の現場をおさえた頃でした。
夫が不倫相手と続いているとわかっていた妻は、夫は彼女と一緒になりたいのだろうと踏んでいた。

だが、夫が彼女と一緒に暮らしているわけではなかった。
それは調査会社に依頼してある程度の期間探った結果でも、身内が夫の別居先を幾度となく探りに行っても一人で生活していたのです。
それと彼女の職はすでに夫とは別で一人で自営業を営んでいました。

「二人は切れてなんていません。夫と彼女が30年という年月を経ても別れないのであれば、私にできる精一杯のことは離婚しないことでもあります。」
だから妻は、「夫の思い通りになんかさせないわよ!」と決めたのです。

浮気を繰り返す夫。何をしても不倫に終止符を打たない夫。挙句の果てには離婚してくれと迫ってきた夫。
残りの人生をこの女と供にしたいのでしょう。

しかし妻が離婚はしないと言い返していくうちに、夫は何も言わなくなったというが、妻は今でも離婚はしない、離婚する時は私が決めるとおっしゃっていました。

不倫に終止符を打たせることを諦めた、考えないことにしたわけではありません。
離婚をしないと妻が決めた覚悟の強さをひしひしと感じた事例でした。

夫の不倫事例|メニューへ


counselor infoカウンセラー情報

浮気、不倫問題カウンセラーKOUNO

〒289-1104
千葉県八街市文違297-162
TEL.043-443-3398
直通.090-2525-7449