本文へスキップ

不倫し続ける夫の嘘に惑わされないで

夫の不倫問題の解決、夫婦回復へ

あなたを心理面、行動面でサポートします!

コンセプト不倫する夫の嘘

不倫する夫の嘘に惑わされる妻

夫の不倫カウンセリングの妻


夫の浮気、いつまでも続く不倫に悩まされているあなたは夫のことをどこまで信じられますか?

浮気している(した)夫が一体何を考えているのか、どうしたいのか疑心暗鬼になるものですし、どこまでが本当のことなのかと、嘘と本当の境界すらわからなくなるものです。


不倫し続けるために嘘をつき続ける夫

浮気を繰り返す夫

離婚まで考えていなくて、家庭を壊すことまで思っていない夫の浮気、不倫は多いものです。

ですから妻にばれないように嘘をつきながら隠し通しますし、それより、まずばれないだろうと高をくくっているわけです。

しかし多くの妻はそんな夫の浮気、不倫をいつしか見抜くものですが、妻が浮気、不倫の事実を知ってからが実際問題、妻の本当の苦悩は始まります。

妻にあやしまれて、突っつかれたり問い詰められたりした際、最初は言い逃れして、とぼけていた夫ですが、ついに認め自白する夫も少なくありません。

痛い事実ですが、浮気、不倫の事実がはっきりして、夫が認めたことは良かったと妻は一安心するでしょう。

だって夫が、「離婚したいなんて思っていない。もう彼女とは会わないし、連絡もとらない」と約束したからです。
「彼女と終わりにして、家庭を大切にする、ちゃんと向き合っていく」と言った夫も多いからです。

もちろん妻だって、「不倫がばれたんだし、ばれてまで不倫を続けることはないだろう」と思いますよね。
だから妻は夫の言葉を信じたわけでした。


ただ、夫の「離婚するつもりはない」とか、「家族を選ぶ」とか、「家庭は大切」は、不倫がばれる前からも根底にあったことです。

今、違うことと言えば二つあって、

とうとう不倫が妻にばれてしまったこと。
不倫(不倫相手のことも知られているケースは多い)が妻に知られてしまったということ。

そしてもう一つは、

不倫関係の危機が訪れていること。
不倫相手との関係がぎくしゃくし、不倫相手を失うことにならないかと不安になっていること。

です。

自分の浮気、不倫によって、どれだけ妻を悲しませ、傷つけたことなのかとか、
妻はこんな俺に三行半を突きつけてくるに違いないという不安には、ならない夫が多いものです。

不倫がばれた後の妻の豹変にもよりますが、妻と離婚してまでも、愛おしいお子さんと離れ離れになってまでも不倫相手を選択するつもりはなかったわけですし、その気持ちはその後もほとんどの夫は変わらないものです。

しかしその一方、不倫相手も大事です。

不倫相手には愛の言葉をいっぱいささやいてきたはずです。
不倫相手が、「私は奥さんより愛されている」と感じているくらいだったでしょう。
まさか彼(不倫夫)が、家族は大事、妻と離婚は考えていないとは思っていないはずです。

不倫相手の気持ちはさておき、浮気、不倫がばれた後、夫としては彼女を失うかもしれないと脳裏によぎった時の、恐怖や不安は大きいものです。
妻に対してではなく、不倫相手に対してです。

家族、妻を選択して、そっちが大事なのはわかっているけど、彼女も失うことはできない。

するとです。
夫は嘘をつくしかありません。
どちらも都合よくやっていくためには、さらに嘘をつくしかありません。
その夫の嘘は浮気、不倫が妻にばれていなかった頃より巧みになります。

またばれたら今度こそ大変だ。もめたくはない。
波風立たないよう刺激しないようにしなければ、、、。
やんわりとした態度になったり、妻の顔色をうかがってきたり、ご機嫌取りもする。
夜の営みもする。
そんな変化が出てくる夫もいます。

妻に「彼女と連絡をとっていないよね?」、「会っていないよね?」と疑われても、
「連絡もとっていない、会ってもいない。もう終わったのだからそんなはずがない」と言うしかありません。

問題解決が面倒になるのは、さらにここからです。

家庭も不倫相手も両方失いたくない、いいとこどりしていたい夫は、巧みな嘘をつき続けます。


目を開き、耳を立てて、もっと現実を直視してください

夫婦カウンセリング相談者


夫が不倫を続けていくには、このように嘘をつき続けなければならないということです。
あたかも事実であるかのように言っていることが、事実ではなく何か隠されている真実があるということです。
ですから相談者様が意識して欲しいことは、夫の言葉だけに惑わされてはなりませんということです。
現実をもっと直視しましょうってこと。

「もう大丈夫だから」などと、こんなに安心させてくれることを言ってくれたんだし信用してみよう。
まだ会っている様子がするけど、プレゼントもくれたんだし私の気のせいか。

あやしいけど帰ってくるし、以前より行動が収まっている。考え過ぎかもしれない。

妻を安心させてくれる夫の言葉、態度には確かに救われる時もあるし、信じてみようという気持ちになるものです
でも実際問題、不倫相手と切れるか切れないかとは別問題です。

まだ携帯、スマホを手にしてこそこそしていませんか?

時折、不自然な行動をとるときがありませんか?

不倫のことで疑ったりすると、疑われることが辛い、しんどいなどと言ったり、切れたりしませんか?

さらに口論になったり、衝突した際、離婚とは言わないけど、自由が欲しい、一人になりたいなどと口走ったりしませんか?

家庭を壊さない、不倫相手も失いたくないために、妻をけん制しながらあらゆる嘘をつくわけです。

だからよくあることなのですが、不倫相手の彼女が現実に気づき始め、別れをほのめかしたり、去っていこうとするケースもあります。(不倫相手の策という場合も多いのですが)。

不倫の破局の危機がやってくる。
破局の危機とまでいかずとも、不倫相手との関係がぎくしゃくしだした。

そのとき、不倫相手を失うかもしれないという現実に夫は追い込まれます。

さてどうするか。

何もかも犠牲にして勢いで不倫相手を選択する夫も出てきます。

であれば不倫をひた隠しつつ、離婚を切り出してくる。
離婚を妻に跳ね返されたら、別居と言ってくる。

さらに妻とはこの先やっていけない、未来がないとまで言ってくる。

嘘をつき続けてきた夫は離婚を迫ってくるようになった。
それでも夫はまだ嘘をつき続けるわけです。


嘘をつく不倫夫


とにかくです。少しでも疑惑があるうち、妻があやしいと踏んでいる間は、不倫関係は切れていないと受け止めるべきです。

夏冬の家族旅行に積極的だったり、将来の夢を語ったりしても、惑わされないようにです。

家族で行った旅行先から不倫相手に風景写真を送って、頻繁にやりとりしている夫のままです。

頭ごなしに疑いなさいということではありませんが、夫の言ったこと、その約束は本当のことなのかともう少し敏感になってください。

夫の不倫を知ってから、夫の言うことが嘘ではないと確信できるまで、

妻はどのような感じで夫との話を進めていったのか。
妻は不倫相手にはどんな行動をとり、どう対処したのか。
そしてその後、夫とはどうだったのか。
妻だから何とかなる、妻だから結局許してくれる状態からは脱したのか。

これまでの経緯をお聞きすれば、明白です。

とくに水面下の方、
水面下のまた水面下の方もです。
妻に意識して欲しいことは盛沢山です。
カウンセリングではそれに気づいていただきます。

そして、家族も大切、不倫相手も失いたくないという状態から抜け出させることをそれぞれのケースで考えていきます。

妻に嘘をつき続けてきた夫は、不倫相手にも本音と建て前が交差しながら嘘をつき続けてきたはずです。
であると、夫自身、自分ではなかなか不倫から抜けきれないものです。
終わらせることができないことが多いのです。


不倫を続けたいから嘘をつき続ける。
不倫を続けざるおえないから嘘をつき続ける。
不倫を終わらせたくても、終わらせられないからまだ嘘をつく。

どれもおおいにあり得ることですから、妻は不倫相手への制裁ありきではなく、その夫の嘘はなぜなのかを直視し、現実的な対処をしていくべきなのです。

夫の不倫に悩むあなたへ


counselor infoカウンセラー情報

浮気、不倫問題カウンセラーKOUNO

〒289-1104
千葉県八街市文違297-162
TEL.043-443-3398
直通.090-2525-7449