本文へスキップ

妻を女として見れない夫

夫の不倫問題の解決、夫婦回復へ

あなたを心理面、行動面でサポートします!

妻を女として見れない

妻を女として見れない夫

夫の不倫相談する妻

妻を女として見れないって夫が言ってきた。
そう思っていても言わない夫もいます。
言われた妻はもちろんショックです。
何が原因なのか気になりますよね。

すっぴん、ジャージ姿ばかりで色気もない。
体型が変わった。
下品で興ざめがする。女性らしさが感じられない。
女というよりお母さんみたいな雰囲気になった。
自分の外見とか態度などと思っている方も多いようです。

確かにそう感じている夫もいるでしょう。
であれば、まさにタイトル通り「妻を女として見れない」と地でいっている感じです。
しかし、そのような原因ばかりではありません。

妻を女として見れなくなった夫。
そこに隠された夫たちの真実を探ります。


夫が妻を女として見れない原因とは

妻を女として見れないと言った夫

そもそも夫は妻を女として見ており、愛情やセックスを求めていたが、
妻は優先するべきことと認識していなかった。
満たされない夫の不満が蓄積し、女に走ってしまい、挙句の果て妻にバレた。
浮気、不倫してからかなりの年月が経っていた方は多いものです。

妻は夫を責め、どうしたいのか、どう思っているのか!?と、詰め寄った。
夫からすれば、妻は自分(夫)を男として見ていなかったと根に持っている。
それに今となっては、外に自分の欲求を満たしてくれる女がいるから強気になって、
「俺はあなた(妻)をもう女として見れない」とか、
「家族、お母さんとしてしか見れない」などと言うものです。

さらにこんな夫たちも多いのですが、実際に皆様の夫のなかにもいるでしょう。

「あなた(妻)を女として見れない、見れなくなった。」と、妻には言いません。
ただ、思っています。
思っているけど言えないのは、そんなことを妻に言えるわけがありません。
そんなことを言ったら妻が傷つくし、悲しむ(怒らせる)かもしれないから。

夫がそう思っていると、どうなるでしょうか。
セックスを夫のほうから誘ってきません。あったとしてもかなり少ない。
妻が誘わなければ、まったくない方もいます。

ただ、最初から妻を女として見れなかったのではありません。
妻の体型やら外見の変化ではないし、妻が男っぽいからでもないのです。

夫は外での遊びに狂っていた。
外の遊びを知って、外での刺激じゃないと物足りなくなった。
実際に、結婚前からそうだった夫(彼)たちもいます。

女好き。恋愛ごっこ好き。
ゲーム感覚でスリルを味わいたく女性との関係を楽しむ男達。
深い本気の付き合いではなく、浅く広く様々な女性とアバンチュールする刺激欲しさ。
いろいろな女性とセックスをしたい性欲からの夫(彼)たちもいる。
愛がなければセックスができないという人たちではありません。
女性を物としてとらえられる人も多いでしょう。

自分はもてる、できる、魅力のある男だという自信もつき、成功パターンもできてきて、より調子づき歯止めが効かなくなってくる。
妻(結婚前なら彼女)が本命だけど、こっちはこっち、あっちはあっちと区別できる。
大切なのは妻だと思い、外の女とは本気にならずに遊び(不倫)で終わり。

そんな感じですから、一人一人の女性との関係も短く、
妻にばれ、行動を起こされたら、意外とあっさりと別れる(終わりにする)傾向でもあります。
夫にとってストライクな相手女性であっても、
浮気相手に興奮する、刺激を感じる期間もそう長くないのかもしれません。

ということは、妻が嫌いになった、離婚したい思いはないと感じませんか?

これだけ外で刺激を受け、ドロドロとした遊びなんてやっているから、
妻では刺激を感じなくなる、自分が反応しなくなるのも当然です。

妻は当たり前で、真面目でつまらない。
どれだけ聞いたことか、、、。
つまり、女としてです。

だから、妻はぜんぜん悪い妻ではなかったのです。
むしろ夫婦仲は良かったのに、夫が勝手に「妻を女として見れない」状態になっていたのです。

「夫婦でいるならやっぱり妻だ」、
「妻には感謝しているし、立派な人だと思っている」
「自分が帰ってくる場所、居場所はここ(妻のところ)だ」と言った夫たちも多いものです。


しかし妻からすれば、そうはとらえていない。
私の小言、文句(愚痴)がいけなかったのか。
子供ばかりに関心がいってたからか。
自覚はないけど私がセックスを拒んだことがあったからか。
結論はそうではなかった。
それは妻の深読み、ネット情報を見過ぎかもしれません。

夫(彼)たちはそうは言っていない。
妻が思っていたような理由ではなかったのです。

原因は、自分が勝手にやった行為によって、慢性化し、
妻を抱けなくなってしまったこと。
それが深刻と言えば確かに深刻ですが、確かに妻に言えるわけがないのです。

夫からすれば、女として見れなくなった妻でも夫婦でいたい。
妻らすれば、女として見れない夫と夫婦を続ける意味はあるのか。
それぞれの思いは複雑です。


夫は、妻を女として見れるようになるのか

セックスレスに悩む相談者

妻も不満を言ったことはあった、努力したことはした方もいれば、
この話題に触れることなくそのままにしていた方と分かれますが、
夫が妻を女として見れない状態を長く放置するべきではありません。

女の部分を外で穴埋めし続けることは、さすがに始めの頃は罪悪感はあったにせよ、
段々と麻痺していくのは浮気、不倫も同じです。
そんな状態で何年、十何年もきてしまった。
その間、夫は男でいたい人だった。恋愛欲も性欲もあったわけです。
夫は、妻と外の女は別だからで、ずっときたわけです。

その期間が長ければ長いほど、年齢を重ねれば重ねるほど、
後々、夫婦関係を立て直すことの困難さは増します。

場合によっては、割り切っていた外の女性に本気になるリスクだってあるかもしれません。

夫婦仲は悪くないからと、問題(疑問)を先延ばしにしないことです。

またこのようなことも考えられます。
浮気、不倫が妻にばれて、最初はとぼけていても、結局認めた夫。
どこまで認めるかは夫次第、妻が握った真実次第ですが、夫としてはもうしないってなる。
だって妻は必要。大切な人。夫婦でいるなら妻だから。

夫婦間でとことん言葉を交わすでしょう。
どうしてこんなことをしたのか。
これからの夫婦をどうしたいのか。
さらに、どうして私たちはセックスがないのかと。

女として見れないから、できないからなどと言えるのか。
言えません。
他に何か原因があるのかに対しても、たいしたことはありません。
だから夫は離婚したくないし、考えていないのです。

でも、このままだと、妻はお母さん、家族のままで、
(疑似)恋愛やセックスは外で享受していたい夫のままです。
妻が、セックスのできる夫婦にしたい思いに対して、
これまで解説した理由で夫は自信がありません。
果たしてできるのだろうか。

繰り返し言いますが、夫は妻が嫌いではありません。
妻のことは好きな夫もいれば、素敵な女性ですと言い切った夫は実際何人もいます。

けど、妻に欲情しない。

ならば、妻に原因があるのか。
いろいと想像しますよね。ネットでもいろいろ書かれているし。
愛され妻に感化されている方ならよけいそう感じてしまう。

しかし何度も言いますが、根本的な原因、問題は夫にある!と、思えてならないのです。

夫は外の世界を知り過ぎて、刺激を受け過ぎて、
自分の触覚がかなり歪み曲がっている状態だから仕方がないのです。
問題が深刻なのは、
こんな夫となら別れたほうがいいと周囲が言っても、自分は別れたくない。

でも、浮気、不倫をやめない、繰り返すはずだから、別れたほうがいいのか。
そう、さ迷う妻。

この先、浮気、不倫しないとは言い切れない。だったら別れちゃったほうがいいのか。
そう、さ迷う夫。

それに、夫婦でいても夫は私とできるのか。
スキンシップという愛情が欲しいと不安な妻。

妻とスキンシップできるのかと、不安で自信がない夫。

夫婦関係はそれほど悪くない。
それに離婚はしたくないのは二人とも同じ。

夫が女として見れることがどれだけ重要なことなのか。
妻もセックスを求めているのが、この問題の複雑なところです。


妻を女として見れないに対して、
妻の自分磨きや、いつまでも若く綺麗でいる意識は必要です。
でも、それが根本的な解決策とは思えません。

セックスは男である夫(彼)から誘ってくるものという先入観があったなら、
それは否定してください。妻からすり寄っても大丈夫ととらえてください。

でも、そんなことを言われても、そう思うようにしますでいいわけで、
それも根本的な解決にはならないでしょう。

つまり、夫自身、外に目を向かせない。
そうさせない、しにくくなる制限、制約を意図的に夫婦で行うことが必要です。
そのためには、夫のしてきたことを明らかにする必要があり、
夫自身の恋愛スタイル、性に対しての価値観が、
大きくずれていることにも向き合わせる必要があります。
なぜ、自分がこのような人(男)になっているのか、
夫の中の深層心理に気づいていないはずです。
カウンセリングでは、何をどうするか、個々への話になります。


夫は、妻を女として見れないだけなのです。(「だけ」とは失礼ですが)
妻が深読みするほど他のことが原因ではなかったのです。

外で楽しいことばかりしてるから、あまり感じていなかったのでしょう。

夫にとって、女だった女性(妻)を女として見れるようにするため、
外の刺激を受け過ぎて、歪んだ目を変えていく。正常に戻していく作業になるのです。
これは外部の女っていう女をシャットアウトする強制力が必要です。
だから、制限、制約と言いました。

依存っていえば、依存です。
そのような人を治す、更生させるには現実的な対処は必要です。
治らないから無駄!と言いたい方もいるでしょう。
夫にとっても妻にとっても忍耐が必要ですが、
改善した夫婦も見てきたから言っております。

妻は女として見られるように自分が思いつく努力(心がけ)はしてください。
でも、もっと必要なのは、
夫が妻を女として見れる普通の目に戻る ことです。

つまり、夫は戻れるということです。
選択しているのは妻、
夫婦でいたいのは妻だから。

諦めないでください、原因がわかったのですから。

夫婦間系にどう向き合うか


counselor infoカウンセラー情報

浮気、不倫問題カウンセラーKOUNO

〒289-1104
千葉県八街市文違297-162
カウンセラー
直通.090-2525-7449