本文へスキップ

同じ相手となぜ浮気、不倫を繰り返すのか

夫の不倫問題の解決、夫婦回復へ

あなたを心理面、行動面でサポートします!

コンセプト同じ相手との浮気、不倫

なぜ同じ相手と浮気、不倫を繰り返すのか

不倫を繰り返す夫と相手女性

別れたふりをして水面下で不倫関係が続く二人。
いったん終わっても不倫関係が再発してしまう二人。
一度や二度ばれても関係が切れない二人は多いもの。
「今度は違う女性か?」よりも、「やっぱり彼女か!」というケースが多いものです。

妻が不倫相手のことをどこまで把握しているかは様々ですが、
顔や素性まで知っている妻も意外といます。
既婚か独身かは当然のこと、子供の有無など家族構成も知っていたり、
勤務先までわかっている方も少なくありません。

「あんな女のどこがいいのか!」
「まだ彼女と続いているなんて信じられない。」
そう感じている妻も多いでしょう。

「別れられないなら彼女と一緒になればいいのに。」とまで思う(言った)妻もいます。

不倫相手は夫にとって、それほど魅力的な女性なのか。
一緒になりたいくらい好きな女性なのか。
ネガテイブな感情が渦を巻き、さらに妻を不安にさせています。

このように、妻にばれても水面下で不倫が続くのはなぜでしょうか。
それに、なぜ同じ女性といつまでも浮気を繰り返すのでしょうか。


不倫ができる二人で波長があった

同じ相手と浮気する妻

では、夫の心理をのぞいてみましょう。
夫は不倫相手を本当に愛しているのか。妻より好きになった女性なのか。

その答えは、妻が感じているほどの思いはない夫のほうが多いはずです。

表面的に愛の言葉を注いでも、どこまで本気か甚だ疑わしいものです。

好きとか、愛しているとかでなく、
私はあなたのことを理解している、わかっている。
私はあなたのことを認めてあげたい、繋がっていたい。
ということです。
私はあなたに理解されている、認められている思いも感じています。
つまり自分が欲しい欲求を理解してくれ、満たしてくれる相手です。
だから相手が好き。愛している。
そんな錯覚に浸っている状態とも言えます。

体の癒しが欲しい欲求不満の既婚夫が、不倫相手に満たされる。
もてない女性が私を相手にしてくれる男性に心が満たされ、恋に恋したりする。
そのときぽっかり空いていた心の隙間を埋められた。
自分を満たしてくれた相手が理想のタイプだったか!?というと、
「そうでもなかった。」という回答もざらです。
「まあ何となく、いいかな〜」「悪くないなあ」という程度です。

でも、恋愛も発端はそんな場合もあるし、そんな気持ちで結婚した二人だっているでしょう?
と聞こえてきましたが、
明らかに違うことはあり過ぎます。

相手には配偶者(と子供)がいると認識していた。
相手は離婚するつもりも家庭を壊すつもりもない人だと認識していた。
相手も自分も不倫がばれたら絶対にまずいと認識していた。
相手も自分もばれるわけがないと思っていたけど、ばれたら関係は終わり。
ずっと続ける関係ではないと認識していた(人たちは多い)のです。

好きか、愛しているかよりも、こういう関係ができる思考、意識があるかどうかが問題。
だから同じ穴のムジナということです。
その穴の中で引っ張り合っている二人なのです。

愛しているから一緒になりたい。
好きだからずっと一緒にいたいという感情よりも、
しんどいとき、苦しいとき、会いたいとき、身も心も癒し合っていたい。
その利害が見事に一致しているだけ。
かけがえのない相手でなく、失いたくない相手なだけです。

同じ屋根の下で暮らすわけでなく、たまにしか会わないのだからいいところしか見えない。
会えば楽しくて刺激的な時間しか共有しないから、
彼(彼女)と居ると癒されるとか、気持ちがやわらぐと錯覚し続ける。
恋愛経験が少ない夫、不倫相手なら恋に恋しているかのような感情は強まるでしょう。


結局は不倫夫の自覚次第に妻がどう向き合うか

水面下で不倫が続く夫と相手女性

同じ相手と関係が続く理由は他にもあります。
カウンセリングでは40〜50代の浮気、不倫問題が圧倒的に多い現実ですが、
60代の方もけっこういます。
いい歳して無責任な遊びや不倫恋愛に浸っている人たちです。
そうそう相手に高い理想を言える立場ではないでしょう。

でも、不倫する相手は理想の人でなくてもよいのです。
結婚や真面目な恋愛とは違います。だから相手に期待すること、求めることが違うのです。
これまで解説してきたので、繰り返し触れませんが、
夫にとって必ずしも彼女でなくてもよかったのです。
不倫相手にとっても、相談者様の夫でなくてよかったのです。
そんなものです。
その程度のものなのです。

でも、結婚は妻だからした。
相談者である奥様でなければだめだった。

もう一度言います。

「妻でなければ結婚はしなかった」

「不倫相手は彼女でなくてもよかった」

ということです。

だから以下のようなこともよくある現実です。
「夫にはもう一人会っている(連絡をとっている)親密な女性がいます!」とか、
「夫は不倫相手以外の女性にアプローチしています。」とか、
「不倫相手には、彼氏がいます。上手くいってない様子ですが。」とか、
「彼女は不倫を繰り返してきた性悪女のようです。」

他の異性の存在を感じれば、表面上は嫉妬するし、ケンカになる場合もあります。
ですが、それでも続いているし、嫉妬しているほうも二股三股とかしていたり。
どれだけいい加減な恋愛ごっこでしょうか。

でも、一対一の不倫関係の場合は多いものですが、
別れたらいい歳してそうそう新しい相手ができるわけじゃない。
だから、
「やっぱりあなたしかいない」
「あなたが必要だ」
「別れたくない」
「今度こそうまくやっていこう」
「なんでもいいから離れたくない。そばに居させて!」
執着が強過ぎる不倫相手もいますが、ある意味不倫恋愛に依存する心が強かったほど、
同じ相手にこだわる思いは強いでしょう。

好きとか、愛しているとかは錯覚。
そのとき自分の傷を癒してくれていただけ。
自分の欲求を満たしてくれていただけ。
実際、「彼(彼女)とは体の相性がいい」という思いは、
多くの不倫者が抱いていた感情なのは事実です。
性的欲求をここまで満たせる人はいるだろうか。
依存状態になっていれば(少なからず依存状態です)、
性的欲求はここまで夫(不倫相手)をとち狂わせるものです。

だから、
「彼女のことは、そんなに好きでもなかった」とか、
「別に不倫しているとまで思っていなかった」と戯言も出てくるものです。


不倫者たちがいったい何を求めていたか。
どんなつもりで関係を続けていたか理解できるでしょうか。

遊びだからです。責任とか信頼とかも言うほど重要ではないからです。

「でも、不倫は5年、10年続きました。」と言われますが、
不倫期間が本気度のものさしではない。
そんなつもりの不倫が5年、10年続けていられただけのことです。
男女の色恋沙汰が長年続けば、山あり谷ありで、途中途切れることもありましょう。
でも、同じ相手と繰り返すのは、手っ取り早いからでもあります。

でも、結婚相手は違います。
結婚に至るまでのハードルは高い。結婚相手を選ぶ基準はそれ相当に高かったはず。
妻を結婚相手として選択した意味は、
夫が不倫相手を選択、くっついた意味とは雲泥の差があるはずです。

ですから、夫と彼女が長年関係が続いていたことがわかっても、
ばれて別れては再発してを繰り返しても、
不倫相手と自分を比べないでください。
不倫恋愛だから、その程度の女でいい。そんな女性を選んでいたのだから。

自分の傷を一時的に癒してくれる相手。
自分を認めてくれる相手。
それが第一優先です。
であれば、その他のことは目をつぶれる。
だから、多くの不倫関係に浸っている人たちを見てきて、
この人たちはこれで心底満たされてきたのか?無理だろうと。
だからいつまでも続いてしまうのだろうな。

こんなことをしていても(繰り返していても)苦しくなるだけ。
いつか心がぶっ壊れると自覚する必要はあります。

結局、本人の自覚が最後の決定打。
そこに向かわせるため、妻がどう向き合っていくか。
個々のケースで、同じ相手と続く不倫に対処していきます

夫の不倫に悩むあなたへ


counselor infoカウンセラー情報

浮気、不倫問題カウンセラーKOUNO

〒289-1104
千葉県八街市文違297-162
カウンセラー
直通.090-2525-7449