本文へスキップ

夫婦カウンセリングの必要性|夫の浮気、不倫問題

夫の不倫問題の解決、夫婦回復へ

あなたを心理面、行動面でサポートします!

コンセプト夫婦カウンセリングと不倫問題

夫の不倫問題に夫婦カウンセリングは必要か

夫婦カウンセリングの相談者


夫の不倫問題で夫婦カウンセリングはどこまで有効か。
効果があると考えるか。

夫がすでに不倫を終わらせていて、
夫自身、これから妻にどう向き合っていけばよいのかを真剣に考えている方は当然のこと、
夫自身が不倫を終わらせようとしている方も有効であるとの見解です。

しかし夫自身がいくらもう終わっている、別れていると言っても、妻にとって信じられるわけがありません。

まだ完全に切れていない状態(連絡がとれる状態)なのに、もう彼女と別れたとか、終わりにするから信じて欲しいと言っても妻は信じられないのです。

だって何度も何度も妻を裏切ってきた、嘘をついてきたわけですから。

己の不倫によって夫婦関係はこんな状態になってしまった。夫婦は壊れてしまった。家族はぐちゃぐちゃになってしまったのです。

例えば、妻が出て行った。夫が追い出された。
夫が離婚を言われている。
とにかく妻に自分が何を言っても、本当のことを言っても、信じてもらえない。
離婚したくない夫たちも切実です。

それと不倫した夫たちは、
なぜ妻が信じてくれないのかは身に染みてきた。

妻が夫に本当のこと、真実を話して欲しいことはわかってきた。

だからちゃんと向き合おうと、本当のことを言っている。

でもそれは本当か。嘘じゃないのかと妻にはね返される。

でも本当のことを言っているのだから、本当だ、真実だと言うしかない。

それすら否定されるなら、俺はもう何も言えない、、、。
それに妻に本当のことを言ったら、逆に切れられて取り付く島がないときがある。
だから俺はどこまで真実を言えば良いのかもわからないし不安にもなる。

夫婦カウンセリングではそんな「なぜ」を夫自身が理解するきっかけになるわけです。


夫婦だけでいくら話しても難しい不倫問題

不倫された相談者の妻


とにかく夫婦だけでこの問題を解決しようと話しても、理解し合えず、話は平行線のままになりがちです。

被害者は被害者の気持ち。
加害者は加害者なりの気持ち。
そこはわかるけど、ここはわかってよがどうしても出てくるから。

不倫した夫に対して、これこれこうして欲しいという妻の要求。
しかし夫とすれば、どうしてそこまでする必要があるのか。
そこまでする妻なら、そんなことを考えている妻ならこれから夫婦関係の修復を目指していくことに悪影響を及ぼすと。

例えば、不倫相手に対してこうしたいという妻は、夫はまだ女を守っていると感じられ、夫に対する信頼はさらに損ねていくものです。

妻にとって夫はいまだに女を守っていると映る。
夫自身にはそんな気持ちがなくてもです。

この不倫問題を解決することって、この先の夫婦関係のことも大事なのですが、
まずはです。
まずは不倫相手との関係(繋がり)を完全に断つことです。

そして不倫された妻が納得できることって具体的になんなのか。

不倫したきっかけ、した夫の気持ち、された妻の気持ちなど、心、感情の部分も大切ですが、具体的に夫はどうするべきか。なにをしたらよいのか。
そして妻はどこまでするべきなのか。
その落としどころを探り、理解し合うことに対しては夫婦カウンセリングは有効です。

全ての方とは言い切れませんが、少なくとも私のところに夫婦でカウンセリングに来られる方は、不倫は終わっている、すでに相手と切れている夫が多いものです。
今度こそ終わろうと覚悟して受ける方もいます。

また極わずかではありますが、夫自身、不倫相手と終わっていなく、どうしたらよいのか迷われている方もいます。

ただ夫自身が終わらせようと意識していない限り、夫婦カウンセリングは私の意図とは違い、どこまで効果があるかは疑わしいものです。

ですからまだ夫自身が不倫相手と終わらせていない。
仮に夫が終わっていると言っている、もしくは妻が今は切れているようですと言っても、見抜きますのでお受けすることは難しいことをお伝えしておきます。


夫は妻に共感、妻は夫を理解できるか

夫婦カウンセリングの家族


これまで多くの夫婦カウンセリングを承ってきたなか、夫が不倫した原因は、ばれても二度三度と繰り返した原因は、妻のせいではないケースが多いことはやはり感じます。

もちろん夫にも妻に対しての不満、して欲しいことはあります。
夫にとって小さなこと、大きなことと色々出てきます。
でもそれは妻だって夫に対して大小様々な不満、要望はあるはずですが。

けどそれが夫を不倫に走らせた理由だったのか、、、。
それが不倫がばれてもまた約束を破り、水面下に潜らせるほどのことだったのか。

と、振り返ればそうではない。

だから夫は自分のしたことを反省し、カウンセリングを受けようとしているはずですが、被害者である妻にもわかっていただきたいのは、
夫婦一緒にカウンセリングを受けようとした(単独の方もいます)夫は、己のプライドとかそういったものを捨ててまで、妻に向き合おうとしている気持ちになっていることを認めてあげてください。

男である夫が、夫婦の中だけで封印しておきたい夫婦問題、
自身のみっともない、浅はかな愚行を第三者にさらけ出すってことは、それ相当な覚悟があったうえなのです。

ただ夫にどうしてもまだ守りたいところ、プライド?を捨ててもらうこと。
そのうえで妻の気持ちがどうだったのかを理解するというか共感して欲しいのです。

妻は夫に助けて欲しいのです。

もう終わった、もう別れたとか、妻や家族が大切だから僕を信じて欲しいと言って欲しいのではありません。

この妻の苦しみを一緒になって感じて欲しい、わかって欲しいのです。

妻を助けるのは不倫した夫、あなたですよ(コラム)でも解説しております。

そして妻はどう夫を信じていくか。
夫の状態がどうなのか。信じるに値するのか。

その回答を得たいご夫婦であれば、夫婦カウンセリングは有効、効果的だと私は捉えております。

カウンセリングよくある相談へ


counselor infoカウンセラー情報

浮気、不倫問題カウンセラーKOUNO

〒289-1104
千葉県八街市文違297-162
TEL.043-443-3398
直通.090-2525-7449