本文へスキップ

夫の浮気、不倫相手に会うことの意味|カウンセラーから

夫の不倫問題の解決、夫婦回復へ

あなたを心理面、行動面でサポートします!

コンセプト不倫相手に会ってどうしますか

夫に不倫されている妻

不倫相手に会ってきた!
不倫関係を解消させるために、不倫相手に会う選択をされる方もいます。

夫の不倫問題に悩まされる妻のなかには、「相手女性に会っても大丈夫ですか?」と相談される方もいますし、「彼女に会うつもりです。どうやって進めたらよいのでしょうか」と、不倫相手に会うことをすでに考えている方もいます。

カウンセリングでもテーマにあがることが多い、不倫相手に会うことの是非。
不倫相手に会ってどうしたい、何がしたいのか。
なぜ不倫相手に会うのかの意味を考えていきます。


不倫相手に会うまでに妻がするべきことはある

夫の浮気相手

なぜ夫の不倫相手に会おうと思うのか。
不倫相手に夫との不倫関係を認めさせ、二人の関係を終わらせるためですよね。

ほとんどの妻は相手に不倫を認めさせるだけの証拠をつかんでいる方(事実をおさえている方)ばかりですから、「言い逃れはさせないよ」というお気持ちはあるでしょう。
だから不倫の慰謝料をとるつもりの妻も多いはずです。
不倫の慰謝料をとれば、さすがに懲りて夫との関係を終わりにすると思うから。

確かに、彼の奥さんが接触してくれば、不貞関係を認め謝罪の態度を出してきて、慰謝料の支払いにも誓約書を交わすことにも応じる不倫相手もいます。

しかし反対に、
不貞関係を認めない相手もいます。
慰謝料の支払いにも応じない、誓約書なども交わさない態度の相手もいます。
また意外と多いのは、不貞関係を認めたうえで、妻が要求する結論を保留、先送りにする不倫相手も多いものです。
「おたくの旦那さんと話さないと何とも言えません」だとか、「話が違います。おたくのご主人と3人で話をさせてください」などです。

前者と後者の違いは両極端なのですが、この大きな違いは、不倫相手の人間性にもよるところ(どれだけ嘘が突き通せるか。したたかで図太い女なのかなどもあるし、夫とどの程度の不倫関係であったのかにも影響されます)があるでしょうが、

妻がきちんとした準備を万全にしてから不倫相手に会っているかと、
不倫相手に会うまでの過程でするべきことをしたか?

にもかかわってきます。

不倫相手に会うまでに万全な準備をしたかどうかは、不倫の事実をきちんと捉えているかです。
そして不倫相手の素性を知っているか。
例えば、夫がいて、未成年のお子さんがいる とか、独身で実家と母親暮らしだとか。

夫との不倫関係(二度目三度目の水面下の関係)を疑っているなか、何か見つけて(見ちゃって、感じて)、続いていることは間違いないと思って(確信して)、真意を問いに不倫相手に会いに行く方もいますが、それは問題外です。
夫とのメールやラインを見てしまったり、街で一緒にいるところを目撃してしまっただけで、不倫相手に会って詰め寄っても、多くの場合は適当なことを言い返されます。
自分の夫を問い詰めたとき、「あなた(妻)が思っているようなそういう不倫とかいう関係じゃない!」と夫が言い返すのと同じなわけです。

ということは、不倫相手に会うは会うでも、相手にただ釘を刺してきただけのことです。
妻にとっては十分な証拠(突っつける材料)なはずですが、不倫している人たちにとっては、しらを切ろうと思えば切り通せるものだったわけです。

たとえ相手が不倫を認めなくても、慰謝料を請求したり、調停や裁判に持ち込むことはできますが、妻がどこまでの証拠を持っているかを考えれば、それも非現実的な話です。

ですから万全な準備をして不倫相手に会うということは、不貞といえる確たる証拠(材料)をもったうえで行ってください。

ただ誤解してはならないのは、不倫の証拠を相手に叩きつけたり、見せることはありません。
夫と不倫相手が間違いなく不貞関係である事実を把握していればよいのです。
(ただその証拠の内容は、個々のケースによってどこまで必要かは違います。またその証拠が必ずしも探偵・興信所の証拠でないとダメということではありません。
妻も夫も離婚するつもりはないし、妻は不倫相手に慰謝料はとらないつもり。なのに、探偵が言う、「二度三度の不貞の証拠は必要です!」に対しては、費用をかけて本当にそこまでの証拠が必要なのかを考えることです)

そして不倫相手に会うまでの過程でするべきことをしたかということですが、これは妻が自分の夫とどのように話をしたかです。
話をすればよいと言うものでありません。

夫の不倫のことを何も知らない妻を演じてきたのか、
幾度となく問い詰めたけど、のらりくらり言い逃れされてきたのか、
一度や二度不倫がばれていて、終わったふりをしている状態(肯定も否定もしていない夫)なのか、不倫を隠して離婚を迫ってきている夫なのか。

夫婦の間では不倫についてはどういう状態であったか、さらに夫婦関係がどうだったかによって、夫に対しての話の持って行き方は違いますが、不倫相手の素性も、不貞関係であることもすべてわかっていると明らかにしたうえで、これまでの向き合い方をお聞きしているので、どう話を持っていくかを慎重に考え、夫に向き合っていかなければなりません。
逃さずきちんと何度でも話し合いをすることも必要なのです。

同じ土俵に立って、なめられずに!ということです。

そのように準備してから、不倫相手に会うことが必要であり、衝動的に会いに行ったり、中途半端な状態で会いに行ったり、その先のデメリットを考えず、ぎゃふんと言わせたいから不倫現場に乗り込む(不倫相手に会えるから)ことは勧めません。

ただ皆様が不安なのは、夫が不貞の事実まで認めるのかと、妻が不倫相手に会うことによる夫に対してのデメリットですよね。

不貞を認めなかったらどうしようという不安については、カウンセリングでもお伝えしていますが、皆様が持っている証拠、知っている材料であれば不安がることはありません。
証拠は夫に見せて「やっているよね、認めなさい!」ということではありません。
また、「認めます」という言葉を吐かせることが目的ではありませんので、不倫を認める認めないにはこだわらないでよいのです。(この意味もカウンセリングでお話しております)。

それよりも妻が不安なのは、
夫が不倫相手を執拗にかばう、守るはずだから、妻が不倫相手に会うことを阻止されるのではないか。
もしそんなことをしたら離婚だとか、ただじゃおかないと脅かされるのではないかという不安
です。

だから、「夫とは何も話さずに不倫相手に会うことはどうなのでしょうか?」と考える方もいますが、、、。



不倫相手を守るのは当たり前

夫の不倫相手

不倫相手を守ることは夫の不倫ばかりではなく、妻の不倫問題でも、よくあることです。

とくに妻の不倫の場合は、「お願いだから彼には何もしないで!」とか、「彼に慰謝料を請求しないで!」がダントツ多いフレーズですが、夫の場合は、妻に対してかなり威圧的な言葉でけん制してくる夫も少なくありません。

つまりこの問題は自分(不倫した夫)と妻との問題であって彼女は関係ないということです。

なぜこの期に及んで不倫相手を守るのか、妻にとっては不思議でならないと言われる方もいますが、この段階で相手と別れるつもりがないからです。
もしかしたら破局になるかもしれないという不安を抱く夫もいますが、妻に不倫相手に何かされることによって、不倫関係がぎくしゃくしてしまうし、面倒なことになると考えるからです。

それと何があってもばらさないとか、不利益を生じることがないよう、約束していた二人もいますし、口に出さずとも阿吽の呼吸で理解し合っていた二人だったはずです。
意図的に妻に不倫の事実が知られたわけではなく、運が悪くばれてしまったわけですから仕方がないことなのですが、夫としては彼女(とくに既婚の不倫相手の場合に多いのですが)に迷惑をかけたくないという頭が働くものです。

それにいっぽうの不倫相手ですが、不倫がばれて妻が騒いでいる中、「不倫と私のことは関係ないよね」とか、「慰謝料なんて請求されたらどうしよう」などというフレーズを彼(不倫夫)に言う不倫相手ばかりです。
ですからほとんどの不倫者たちにとっては、妻が不倫相手に行動をおこされることは、この上なく嫌なこと、困ることなのは理解できますでしょう。

であれば、夫は切れて阻止する。妻が困るような暴言(そんなことしたら離婚だぞ!など)を吐いて制止するはずです。


ただ、これまでの相談者様でしたら、夫にそこまでの態度をとられたら、さすがに不倫相手に会うことはしないはずです。
問題はそこなのです。
結果、夫と妻とだけの小競り合い、話し合いで終わり、夫にうまく幕を閉じられてきた。
そうだったのではありませんか?

夫の気持ちも汲んだ。
その先の夫婦関係のこともよく考えた。
「まだそんなタイミングではないのよ」と、そんなアドバイスも入り、妻の心のカウンセリングが続けられる。
妻は以前に比べ心がだいぶ回復して、もうなんとかしなきゃ!に到達していたのですが、、、。


話を戻しますが、夫に阻止されることを予測して、不倫相手に会いたい、会うつもりであることを夫に隠すことは、私的には勧めません。
個々のケースによっては夫を無視して不倫相手に会ったほうがよいケースも稀にありますが、多くのご相談者様のケースでは、その前に夫との話し合いの場(これまでの話し合いとは違います)を持つべきです。

妻が不倫相手に会うべき状況、会わなければならない状況を、夫との話の場で作り上げていくのですが、強引に話を進めていく場合もあります。最後まで夫が抵抗し続ける場合もあります。
だからと言って、今この場で彼女に電話して!メールを送って!話がしたい!は効果はありません。
その過程は多くの妻が経験されていますが、それではただ釘をさすだけのこと。
きちんと対処したいのなら、不倫相手に実際に会うことです。

いずれにしても、妻が不倫相手に会うことを夫が阻止したい理由は、先ほどお伝えしたようなことです。
それを見据えた話の持っていき方がありますのですぐに諦めないでください。

ただ不倫相手に会うことに対して、夫の許可をもらおうとしているわけではありません。
あくまでも私はこういうつもり。こうしたい!と、言い切っていくことが必要です。

結果的に仕方がないことだと折れる夫、もう好きにすれば!と言ってくる夫もいますが、やはり夫がそう言わざるをえない状況を妻が作り出したわけです。


先走って不倫相手にいきなり会いに行くべきではない(そういう方は一部のケース)。
そして、夫が不倫相手を守るのは当然だ!当たり前に言ってくることだから、それに跳ね返されないしぶとさが必要です。

さて、ここまでは理解できました。
しかし、妻が不倫相手に会えば、実際に不倫関係が終わるのだろうか。
やはり一番の疑問はそこです。


不倫がすぐに終わる決定打とは言い切れない

ダブル不倫している夫

妻が不倫相手に会えば不倫関係が必ずしもすぐに終わるということではありません。

慰謝料をとらなかったからか!?
私の相談者様のケースでは不倫相手に対して慰謝料を留保する(今回は請求しないけど、約束を破ったら慰謝料を請求しますという)ケースもけっこうあります。
お金を払ってもまたする人はするものですし、不倫の慰謝料を払わせたことが関係を解消させる決定打にはならない場合も多いからです。

それは色々な理由があります。
不倫相手自身の財布からお金を出していない。
不倫相手も出しているが、払えば何してもいいと思っている。
不倫の慰謝料という金銭負担が、相手にとって言うほど負担ではなかった。
それでもどちらかが、「もう大丈夫だから」と関係の継続を迫っていた。

それは私に初めてのカウンセリングを受ける前に、すでに不倫の慰謝料を支払わせた相談者様の数の多さで一目瞭然です。

ただし、不倫相手に慰謝料を請求したほうがいいケースは当然ありますから、慰謝料を払わせたことも功を奏して不倫関係の解消に繋がることはもちろんあります。
いずれにしても、夫婦の関係性をよく考えて決めるべきであり、不倫相手の事情ではありません。


弁護士に依頼しなかったから?
妻個人で行動をおこすより、弁護士事務所からの通達から始まり、弁護士が入って合意書を交わしても、また会っているようですという事例もけっこうあるものです。
慰謝料がとれる確率は高くなりますが、水面下に潜る確率も高くなると思ったほうが賢明です。

弁護士を入れたほうがよいケースもありますが、弁護士を入れてから、「私は不倫相手に会います!」はあり得ないでしょう。弁護士に託した以上、むやみに行動をとってはなりません。


このように〇〇しなかったから、不倫を終わらせられなかったのか?と、思ってしまいがちです。

ただこれだけ多くの不倫問題に携わってきて、不倫相手に会うという行動をとる方は、一部の方々ではありますが、それでも相当数にはなります。

前半でお伝えしたように、
夫と不倫相手が不倫関係である言い逃れができない事実を得ている、把握した。
不倫相手のことも把握した。
その準備が整ったうえで、
妻は夫と、これまでとは違う感じで話をした。
さらに妻が不倫相手と会うつもり、会いたい、接触することもオープンにした。

そのうえで、不倫相手に会うことを決行するべきか、いったん保留にするべきかを考えた。

そして夫との関係性、今の夫の状況、様子。
妻が知り得た不倫の二人の関係性。さらにどのような相手なのか。
それらをトータルで判断して、問題ないと踏んで不倫相手に会いに行く。

妻に落ち度はないし、不倫相手に会うべきではないケースではなかったわけです。

ただそれでもしばらくして水面下に入る。

この不倫問題、どんなに万全な対処をしたつもりでも、すぐに終わらせられないことはあるものです。

〇〇しなかったから、やっぱり終わらなかったんだ、、、ではないのです。

不倫相手に会うということは、そのリスクは念頭に置いてください。

だからと言って、「かえって夫と女との結束を強くしてしまったのでは?」と思うのも時期尚早です。

妻が不倫相手に会うことの意味。
大まかなことだけあげますが、
不倫関係ということは妻である私はすべてわかっている。すでにばれているということ。
この関係を続けることはあなたにとって不利益を生じることになる。
夫とも話し合いをしており、夫婦関係を維持して向き合っていくと言ってる。
これだけではありませんが、
不倫相手は自分の夫ではありませんから、感情とか恨みつらみとか、怒りをぶっつけるというよりも、圧力を与えるというイメージです。
妻の言葉が女にとってとてつもなく圧力に感じてしまう。
そういうことです。
感情的にならずに冷静に伝えることによって、不倫相手にはある程度のダメージを与えられることは事実です。

つまりこの妻の行動によって、これまで決定的な障害がなく不倫恋愛に浸っていたものが、そうはいかなくなるからです。
まさに決定的な障害が立ちはだかりました。
また妻のこの行動で、不倫の二人の矛盾が露呈する場合はけっこうあります(行動する前から想定内でしたが)
不倫関係は妻にばれたり騒がれてからではなく、こうやって終了要請行動をおこされてから、少しづつ崩壊していくことが多いものです。
でも、この障害が二人の繋がりを固くするのではとネガテイブに捉え過ぎないでくださいね。

危機を感じて慰め合っているだけの二人です。
「でも、気持ちは裏切らないから、、、」と言う不倫相手なんて典型例です。


ただ不倫問題を甘く見てはなりません。

あれだけお花畑に浸っていた二人です。

妻に会われて、すぐに「はい、もう二度と連絡もしないし、会いません」ってなるはずがないのです。
「私は彼(不倫夫)に、奥さんよりずっと愛されていた」
「どんなことがあっても気持ちは裏切らないよね」
なんて言っているような不倫相手なのです。
夫も夫ですが、往生際が良い二人であれば妻はここまで苦労はしません。
妻がこのような行動をとってから、夫か相手かどちらかがまだ引っ張っていることがあります。
だから水面下に入る。

でも、
もう今まで通りにはいかない。
今度ばれたら終わりだ、完全にやばい。
もう潮時だな。終わりにした方がよいかもしれない。
という思いも植え付けていることは確かです。

これまで妻にばれていないと、妻をなめていて、二人の世界で邪魔されずに自由を謳歌していたわけです。
しかし、もうこの状態からは、夫と不倫相手の間には常に妻がいる。妻を意識した関係を強いられるわけですから、とくに不倫相手にとっては気持ちのいいものではありません。
それによって段々と二人の関係もうまくいかなくなり、崩壊し始めていくということです。

不倫相手に会ったら、それで終わりではありません。
水面下にも注意して(一回は入るかもしれないと踏んで)夫に向き合い続ける覚悟も必要です。

ただ夫が離婚を執拗に迫っており、その気持ちはぶれていないようだ。
そのような場合、妻が不倫相手に会うことが必ずしも問題解決の糸口とは言えませんので、慎重に判断する必要があります。



不倫相手に会うことの是非

カウンセリング相談者夫婦と子供

最後に不倫相手に会うことについてどう考えるか、いや、私なりにどう捉えているかまとめます。

夫が離婚する気持ちはない。
たとえ別居とか離婚という言葉を発したことがあっても、妻との口論のなか、売り言葉に買い言葉のはんちゅうで言うほど本気度はない夫も多いのですが、夫に離婚するつもりはないし、妻も離婚なんてしたくない場合であれば、不倫相手に会うことはありだと思うのです。

ただこれは妻の気持ち。心や体の状態もありますから、行動を起こすタイミングは自分のペースに従うべきです。
妻の心の準備も整って、この項でも言いました不倫相手に会うために、やるべきこともしたうえで実行するのであれば、何もしないよりかは、即効的な効果が出なくても、不倫関係の解消に至る確率は格段に高いというのが経験から感じることです。

つまりです。
妻がもうしばらく耐えたら、不倫に終止符を打つかもしれないという期待は裏切られるから。
もっと言いたいのは、夫自身が自分では不倫を終わらせられない可能性が高いからなのです

1.不倫相手と別れる必要はないと思っているのか、
2.不倫相手と別れた方がいいと思っているけど、別れられないのか、
3.不倫相手と別れたいけど、不倫相手が別れてくれないのか。
様々です。(もっと細分化するべきですが、大きく分けました)

ただ、妻が思うほど3番目は少ないはずで、3番目は「不倫相手は別れてくれない。でも俺もどちらかと言えば、彼女を失いたくはない」が正解です。
妻にばれても騒がれても、こんな状態です。
私としては、1番目が多いと思えますよ。「離婚するつもりはないけど、どうして彼女と別れる必要があるの!?」ということです。
妻にばれていてもです。

いかがでしょうか。
こんなふざけた思考でやりたい放題。もしくはばれないようにこそこそ、一生懸命、身も心も満たしたいために不倫をし続けているわけです。

それはこうも言えます。
妻だからなんとかなる。
妻だから許してくれる。
離婚になんてならないだろう。

結局、こんな状態でず〜っときたわけです。
終わるわけがありません。

妻だから、もう何ともならないの!
妻だから、もういい加減に許すわけがない!

そこを夫にわからせないと堂々巡りなのです。

世の中には妻にばれたら終わる浮気や不倫もあります。
調査員全盛時代にはそんな夫の浮気や妻の浮気もよく見せられてきたものです。
しかしカウンセラーに相談されてくるレベルの不倫問題は、もっと厄介なケースばかりです。

このまま様子をみていれば、不倫の二人の都合で破局になるのではと期待するのは、ほんと甘い見通しであると断じます。

不倫で妻がどれだけ苦しんでいるかもわかっていない夫と、人の家庭がどうなろうと私には関係がないと思って引っ掻き回している不倫相手には、
「私(妻)が不倫を終わらせる!」くらいの気持ちを持ってください。

夫の不倫に悩むあなたへ


counselor infoカウンセラー情報

浮気、不倫問題カウンセラーKOUNO

〒289-1104
千葉県八街市文違297-162
TEL.043-443-3398
直通.090-2525-7449